来宮神社に参拝しました

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。 Please Click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

2020年12月に熱海の神社を巡ったお話の続きです。
伊豆山神社さん、走湯神社さんを参拝した後に、同じ熱海市にある来宮神社さんに向かいました。
走湯神社から来宮神社までは、車で10分ぐらいです。
有料道路の熱海ビーチラインを通る行き方と、国道135号線を通る行き方がありますが、時間は変わらないみたいです。
国道135号線を通る場合には、細い急な曲がりくねった坂道を通らないといけないので、運転に注意が必要です。
また、熱海駅前を抜けていきますが、駅周辺は、交通量もあるし、歩行者も多いです。

来宮神社の御祭神は日本武尊、五十猛命(いたけるのみこと)、大己貴命(おおなもちのみこと)です。
来宮神社の由縁ですが、古代から来宮大明神として、熱海の地主神として信仰されていたそうです。
今から1300年ぐらい前の和銅三年六月十五日に熱海湾で漁夫が網をおろしていたときに、御木像らしき物がこれに入ったそうです。
不思議に思っていると、童子が現れて『我こそは五十猛命である。この里に波の音の聞こえない七本の楠の洞があるからそこに私を祀りなさい。しからば村人は勿論いり来るものも守護しよう。』と告げられて、村民達が探し当てたのが、この場所だったそうです。
来宮神社にある国の天然記念物に指定されている大楠は、御神木(ヒモロ木)だそうです。太古は此の楠へ神の霊をお招きして神様を祀ったそうです。ヒモロ木神社として、木の神社です。
キノミヤ信仰という、樹木神や漂着神をお祀りする信仰もあるそうです。
また、奈良・平安期の征夷大将軍の坂上田村麻呂公が戦の勝利を祈願を行って、熱海来宮神社の御分霊を東北地方を中心に伝えていったそうです。

ものすごく由緒のある神社です。
木が御神体のヒモロ木神社であることは、ここが本当に特別な場所なんだと思います。
なんだかとても不思議なところです。
そして、自然のエネルギーの強いところなんだと思います。
御神木の大楠の周りを回ると願い事が叶うという御神徳があるそうです。
また、珍しいところでは断ちもの信仰や、禁酒の御神徳もあるそうです。
お酒を断つための祈願や、禁煙、禁賭博、禁甘味などの断ち物の祈願も多いそうです。
中毒性のあるものを断つことは大変だから、それに御神徳があるというのはすごいと思います。
人は弱いからね。

そんな感じで来宮神社さんに到着です。
来宮神社さんの横に駐車場があります。
来宮神社さんは、観光名所でもありますね。
僕が行ったときには、参拝客の方がたくさんおられて、ものすごく混んでいました。
きれいな朱塗りの鳥居が見えます。
そして、その鳥居の先には、美しい竹林の小道があります。
なんだか、とても風情があるところです。
続きは次回です。

mahalo
最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。


リモート(Zoom・Line・携帯)、対面での個人セッションを承っております。料金は10分毎に1,500円です。お気軽にお問い合わせください!

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。 Please Click!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル
LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加