門田稲荷神社に参拝しました 下野國一社八幡宮と銅造鳥居

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

2020年8月に栃木県足利市にある門田(かどた)稲荷神社さんに参拝したときのお話の続きです。

門田稲荷神社さんは、市街地の中にある街の神社さんです。
足利市は、緑が豊かな素敵な街ですね。
門田稲荷神社さんは、下野國一社八幡宮さんの境内社なので、駐車場に車を止めて、最初に下野國一社八幡宮さんに参拝しました。
下野國一社八幡宮さんは、とても敷地が広いです。
一の鳥居は、あまりみない感じのちょっと黒っぽい色の鳥居です。
調べてみると、銅造(どうぞう)鳥居と言うそうです。
寛政7年(1795年)に佐野天明の鋳物師の荒井源七宗明、丸山林八長暉の合作だそうです。
柱に転びがあって、笠木、島木の先端が内斜に切ってあり、明神鳥居の形式に両部鳥居の要素も混っているそうです。
また、寄付者に僧侶の名も刻まれていて、神仏習合の影響が残っているそうです。

参道は、趣のある石畳です。
少し歩くと、両脇の一対の石柱があり、注連縄がかかっています。
標柱(しめばしら)と言うそうです。
その先に、石造りの二の鳥居があります。
二の鳥居をくぐると、お社です。
下野國一社八幡宮さんのお社は、きれいな朱色で、とても堂々としています。
八幡宮略記によると、明和年間(1764年~1772年)に造り直された江戸時代中・後期の特徴のあるお社だそうです。
また、お社の周りには、とても立派な彫刻が施されています。

御祭神は八幡さまなので、誉田別命(応神天皇)・大帯姫命(神功皇后)・姫大神です。御由緒によると、天喜4年(1056年)にこちらに小祠を創建して、山城の国の男山八幡宮を勧請したと言われています。
参拝させていただきました。
なんとなく、この場所自体が、もっと古くからの祭事場だった気がします。
後ろにある八幡山古墳群とも関係があったかもしれません。
もっと、ずっと昔から土地を護っている神様がいる気配も感じます。
神社さんによっては、とてもその土地との結びつきが強い神社さんがあります。
下野國一社八幡宮さんからも、とてもそんな感じを受けました。

ご神徳は、家内安全、商売繁昌、交通安全だそうです。
ですが、御由緒にもある、源義家が陸奥の豪族、安倍頼時父子を討伐するために武運を祈願したとあるように、勝負事にも強い神様だと思います。
何か大きなことを成し得るために、覚悟を決めて祈ると、お力をくださる感じを受けました。
お社の後ろ側から、八幡山古墳群に行けそうな感じの道があります。
行かなかったのでわからないですが...あとでGoogleMapの画像をみると行けそうな感じです。
続きは次回です。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加