AzureでのWindows ServerからのSMTPリレー備忘録 SendGrid設定

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

前回からの続きです。
SendGridの設定方法です。
調べていくと、プログラムからWeb APIを使う方法は、結構事例が出てきます。
SendGridもWeb APIの使用を推奨しています。
最初からコーディングする場合や、ソースの修正を行う場合には、Web APIを使用するときれいな流れをを作ることが出来ると思います。
ですが、今回は、以前のプログラムを、極力、手を付けないようにしたいので、SMTPリレーを選択します。
そうすれが、SendGridの設定と、SMTPサーバの設定変更だけでメール送信が可能になります。

ユーザー登録が終わったら、SendGridの管理画面から「Manage」を選択すると、設定画面に移行します。

「Send your first email」のセクションの「Integrate using our Web API or SMTP Relay」の「Start」をクリックします。

「Web API」か「SMTP Relay」で行うのかを聞いてくるので「SMTP Relay」を選択します。

Create an API key欄にキーを生成する文字を入力して「Create Key」をクリックします。

SMTPサーバのパスワード欄に入力するパスワードが生成されますので、どこかにコピーをしておきます。
その後、SMTPサーバの設定を行ったら「Verify Integration」をクリックして正しく出来たかどうか確認します。

正しく設定できると、「It Worked!」と表示されます。
※うまく行かない場合には、
1)SMTPサーバの設定を見直してください。
2)DNS設定の確認をしてください。
リレー元になるSMTPサーバがDNSに登録されていて名前で引けることと、MXレコードの設定も確認してください。

次に、SMTPサーバの設定です。
Windows ServerにSMTPサービスがインストールされていない場合には、管理画面からSMTPサービスをインストールします。
インストールが完了したら、インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャーのVer6.0を立ち上げます。
※インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャーはWeb設定用とSMTP設定用の古いバージョン(6.0)と両方出てきますので、古いバージョンのほうです。

「SMTP Virtual Server」を右クリックしてプロパティを表示します。

「全般」タブのIPアドレスの詳細設定をクリックします。
25番ポートがデフォルトですが、もし使用するのであれば587番ポートも設定します。

「アクセス」タブの中継の制限で、中継するサーバのIPアドレスを入力します。

「配信」タブの「送信セキュリティ」をクリックします。

基本認証のユーザー名に「apikey」と言う文字列、パスワード欄にSendGridで生成されたパスワーを入力します。
「TLS暗号化」をチェックします。

「配信」タブの「送信接続」をクリックします。
TCPポートを「587」に変更します。

「配信」タブの「詳細設定」をクリックします。
完全修飾ドメイン名にDNSサーバに登録したドメイン名を入力します。
スマートホストに「smtp.sendgrid.net」を入力します。
「OK」ボタンをクリックしていって、インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャーのVer6.0を終了します。

・コマンドラインからの簡易テスト方法
Windows ServerにTelnetをインストールします。
下記のコマンドで、送信元のメールアドレスと送信先のメールアドレスを入力して流してみてください。
そのあと、SendGridに戻って送信できたのか確認します。

telnet localhost 25

helo ドメイン名
mail from : 送信元メールアドレス
rcpt to : 送信先メールアドレスdata
test
.
Quit

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加