若い頃のコンプレックスと今につながること

イベント出展情報
  • 2020年9月25日  11:00 AM - 1:00 PM

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

コンプレックスを抱えている方は多いと思います。
コンプレックスを抱えることは、悪いことではないです。
普通にあることだと思います。
だけど、そのことに振り回されてしまうことで、バランスがおかしくなることがあると思います。
そのために、生きることが苦しくなることもあります。
反面、なにか必死に向き合うことで、何かが見えることもあります。

僕自身も、若い頃は、いろいろコンプレックスがありました。
今は、気にならないけど。
克服すると言うよりは、齢を重ねたり、ライフステージや価値観の変化で気にならなくなるということもあるのだと思います

僕は、まず、背が低いです。
若い頃にモテるのって...かっこよかったり、背が高かったり、面白かったり、スポーツに秀でていたり、頭がよかったり。
本当は、違うかもしれないですが、当時はそんな感じで思っていました。
僕は、どれも当てはまりません。(笑

ですので、モテたい一心で、ギターをはじめました。
そしたら、モテる系とは別の音楽性に目覚めて...マニアックな世界に行ってしまいましたが。
ですが、若い頃はギターを狂ったように練習しました。
誰でもそうですが、練習するとある程度は弾けるようにないます。
それが、今は、ウクレレを弾くことに役立っています。

昔から、いろんな女の子とか相談事を受けていました。
ですが、その割には、仲良くなると、優しすぎるとか言われて、振られたことが何度かあります。
その当時は、優しすぎるの意味がわからなかったです。
自分の内面をぶつけることも多くて、恋愛を楽しむと言うより、今で言う、メンヘラ的だったのかもしれないです。
後は、野心が無いとか言われました。(笑
結構、余計なお世話だとは思いましたが...
相談事を受けることと、若いときに重すぎるって言われて悩んだことで、今のカウンセラーとしての自分にものすごく役立っています。

何が言いたいかって言うと、コンプレックスある人は多いと思います。
でも、それは、個性です。
どこから見るかを変えることで、輝き出すこともあります。
また、時間がたった後に、役に立つこともあります。
ですので、視点を変えてみること、あるいは、誰かに話したりして、違う角度で見てもらうと、違って見えるかもしれません。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加