遺伝子検査キット スンダランド

イベント出展情報
  • 2020年9月25日  11:00 AM - 1:00 PM

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

前回からの続きです。
祖先解析で調べられる遺伝子情報は、細胞内にあるミトコンドリアDNAだそうです。
自分の母親から引き継いで、自分の母親は、その母親からというふうに、ずっと母系遺伝しきたものです。
そのようなルーツの1つを提供するのが、祖先解析(ミトコンドリアハプログループ解析)と言うそうです。

僕自身の祖先解析をみると「あなたの祖先は、約4万年前にスンダランドで生活していました。」と出ます。
スンダランドと言う聞き慣れない言葉があります。
ハプログループ(英: haplogroup)という、単一の一塩基多型 (SNP) 変異をもつ共通祖先をもつグループで分けられるそうです。
僕のハプログループはM7グループです。
M7グループは、インドから海岸沿いにユーラシア大陸を移動してきた人類のなかから約4万年前に、その当時黄海から東シナ海に存在していた「スンダランド」という陸地で誕生したと考えられています。
そこから沖縄や中国沿岸部、南にはフィリピンなどに拡散していったものと考えられています。

画像は、Wikipediaさんからお借りしました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89#/media/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Map_of_Sunda_and_Sahul.png

スンダランドで検索して画像を見ると、ベトナムやマレーシアのあたりからスマトラ島やボルネオ島を含んだ大きな陸地です。
M7グループはさらにM7a、M7b、M7cの3つのサブグループに分けられるそうです。
その中のM7aグループは、沖縄が起源の候補と考えらています。
日本人の割合では、13%だそうです。

ということで、ハワイなどのポリネシアがルーツではなかったですが、南洋系ですね。(笑
自分の遠いご先祖様は、どんなことを目指したのかはわからないし、もしかすると何世代にも渡ってかもしれないですが、日本列島にやってきました。
有史以来の歴史を紐解いても、その前の、人種的なグルーピングを見ても、移動とその土地への定着、あるいは移動を続ける(中には侵略もあります)。
そんな歴史の繰り返しなんだと思います。
定着して、どこかへ住むようになったのは、歴史から見ると日が浅いのかもしれません。

日本では、律令制度が作られた7世紀後半の頃から、農民を土地に縛り付けました。
税金を確実に取るためです。
そんな大昔の制度が、未だに機能しています。
コストとベネフィットではないですが、日本はお上が大好きです。
虐げられても、反発しないで言うことを聞きます。
その代わりに、お上になんとかしてもらう。
そんな民族性もあるから、良し悪しは別にして、アップダウンはあるにせよ、栄え続けているのかもしれないです。

個人的には、中央集権的なことが大嫌いです。
命令系統など、本当に余計なお世話だと思います。
お互いに縛りあったり、上に逆らわなかったり、メンタリティ的には奴隷と一緒だと思います。
だから、落ち着いても良い年齢なのに...相変わらず組織的なことには馴染めないです。
そういう資質も、もしかすると遺伝的な情報と関連があるのかもしれません。
なんて、想像もしてみます。
遺伝子検査、意外な発見もあるかもしれません。面白いです。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加