遺伝子検査キット 縄文の記憶

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

前回からの続きです。
他にユニークな項目では、尿内のアスパラガス臭をかぎ分ける能力やパクチーの味の感じ方などがあります。
登山家タイプの診断や好奇心、協調性など資質や精神的な志向を表す項目もあります。
いろいろ見ていくと興味深いです。

遺伝子検査をしてみたいって思った一番の動機は「祖先解析」です。
自分の遺伝子のルーツがどこにあるのかを知りたいと思いました。
僕はハワイが好きです。
気候や自然はもちろんだけど、文化や気質や感覚、そんなことにシンパシーを感じます。
美意識や自然と共存する思想に、魂が自然に共感している感覚を強く持っています。

スピリチュアルな領域の話になるとレムリアの話になってしまって、レムリアから分岐して、環太平洋の文化、ポリネシアの文化や古代日本の文化に繋がっていくけど。
レムリアの話を脇に置いたとしても、環太平洋の文化、ポリネシアの文化と古代日本の文化、縄文文化やアイヌ民族の文化との共通点を感じることがあります。
科学的な立証は出来ないですが、美意識や感覚や価値観の中で強く感じます。
そして、自分の中で、ハワイを通して縄文とアクセスしているのかもしれません。

僕の大好きな板画家の「棟方志功」さんは、やっぱり僕の大好きな仏師の「円空」さんの作品を見たときに自分の父親だと言ったエピソードがあるそうです。
そのに流れているのは縄文の血だと思います。
岡本太郎氏の作品にも、やっぱり色濃く感じます。

僕は、大学生のときに発掘調査のアルバイトをしていました。
場所によっては、複数の時代の遺物が出ることがあります。
縄文時代の土器や、古墳時代の土師器や須恵器など。
土師器や須恵器は、後代のものなので滑らかだし、技術的には優れています。
ですが、縄文時代の時は、野蛮で生ですが、ちょっと呪術的で情熱的です。
土器は祭事に使われるものもありますが、当時の日用品も多く、芸術性を求めたわけではないと思います。
ですが、土師器や須恵器から感じる、生産性や均一性みたいなものがなくて、もっと原始的な分、人の自由なエネルギーを感じるのかもしれません。
そんな、縄文の感覚みたいなものを、遺伝子的に持っているのかを知りたかったです。

ですが、自分のルーツを探る場合に、気をつけないといけないことがあります。
自分のルーツを特定の人種と結びつけると、簡単に民族の優劣や優生思想になってしまう可能性があります。
遺伝情報で見ると、日本人(あるいは世界も)は、数種類の遺伝情報のミックスです。
いろんなルーツが混じって、どこが色濃いかの偏差だと思います。
続きは次回です。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加