船越鉈切神社に参拝しました 魂とDNAと海の神様

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

前回からの続きです。
やぐらは、正直、ちょっと近寄ることがはばかれました。
よそから来た人間が、供養をする気持ちを持たずに近寄るべきではない感じを受けました。
やぐらの反対側には、大蛇を退治したナタを研いだとされる鉈砥ぎ石があります。
苔むしていて独特の雰囲気です。
僕自身はあまり霊的な何かを感じませんでした。

そのまま進んで、階段を登っていくと手水舎とお社が見えてきます。
階段を登りきって拝殿の前に来ると、なんだかとても不思議な雰囲気です。
今までの、どの神社にも似ていない気が満ちています。
とても不思議ですが、こちらの神様を「知っている」と言う感覚にとらわれました。
なにか、魂が感じ取ったのかもしれません。
そして、畏れを感じました。
普段、神社で感じる畏れより、もっと身近で本能的な畏れです。
魂レベル、あるいはDNAレベルで感じどったのかもしれません。

船越鉈切神社の神様は、海からやってきた神様。
昔、ポリネシアでは広い太平洋をカヌーで、新しい土地を求めて縦横無尽に渡っていきました。
先日、解析してもらった僕のDNAは、約4万年前にスンダランドで生活していたそうです。
そこから沖縄や中国沿岸部、フィリピンなどに拡散していったそうです。
太平洋を挟んでメラネシア・ミクロネシア・ポリネシアなどの島々とのつながりもあったのでは無いでしょうか。
そんな、海洋民族の古代信仰の神様なのかもしれません。

拝殿の奥には洞窟があり、洞窟の中に本殿があります。
洞窟の入り口は施錠されていて、中には入れないようになっています。
格子越しに覗き見る感じです。
参拝させていただきました。
お願い事をすると言うより、やっとたどり着けたことをご挨拶した感じです。
その間も、魂やDNAが、ずっと反応しています。

拝殿の前には、おそらく社宝の丸木舟が収められている宝蔵があります。
この場所にいると、なんか、いろんな感覚が違って感じます。
船越鉈切神社は、今まで参拝したどこの神社とも違います。
そして、今まで味わったことのない感覚を味わいました。
あまり、大きな神社でも、有名な神社でもないから、旅行の前に調べたときには情報が見つかりませんんでした。
ですが、いろんな偶然が重なって参拝することが出来ました。
実際に行ってみて、現地で情報を探すこと、直感に従うことが大切だって、あらためて思いました。
今回は行かなかった対の神社、海南刀切神社への参拝も含めて、また、ここに来たいと思いました。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加