門田稲荷神社に参拝しました 三県境と昆虫食

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

2020年8月に栃木県足利市にある門田(かどた)稲荷神社さんに参拝したときのお話です。
先日の千葉県東金市の縁結び大社の続きで、悪縁切りのお願いに行きました。
門田稲荷神社さんは、悪縁切りで有名な神社です。下野國一社八幡宮さんの境内社です。

門田稲荷神社さんは、京都の伏見稲荷、東京の榎木稲荷と並んで日本三大縁切稲荷と呼ばれているそうです。
インターネットを調べていくと、縁切り稲荷として有名です。
御祭神は、倉稲魂神(うかのみたまのかみ)様、お稲荷様です。

縁切りは、良縁を結ぶためには、まず、悪縁を切ることからという意味もあります。
良縁を結んでくださる神様や仏様が、悪縁を切ってくださいます。
人と人は縁で結ばれています。
そして、縁は、人間同士だけではなくて、仕事、病気、薬、賭け事、悪い習慣、嫌なことが続くなど、生きていくといろいろなことと結ばれていきます。
もちろん、人間同士のご縁も、男女間、親子、友人、知人、職場や学校の人間関係、ご近所など、上げればキリがありません。
ですので、縁切りには、昔から、たくさんの方が、神様や仏様にお願いをしに訪れていました。
昔であれば、今より自由がなかったから、なおさら切実な願いも多かったと思います。
門田稲荷神社さんには、そんな、往時の風俗や悩みなどをうかがうことができるような、縁切に関する絵馬も数多く残っておられるそうです。

そんな門田稲荷神社の裏手には、八幡山古墳群があります。直径10~20mくらいの円墳が、現在では71基が残っているそうです。
かつては周辺合わせて100基以上の古墳があったのではと考えられています。
古墳があるということは、この土地は、はるか古代からたくさんの人が住んでいたのだと思います。
門田稲荷神社さんは、僕の住む千葉県野田市からだと、2時間ぐらいの距離です。
という事で、ドライブがてらに行ってきました。

野田市から栃木県足利市に向かうと、茨城県や埼玉県を経由して栃木県に入ります。
途中で、渡良瀬遊水地の近くの「道の駅かぞわたらせ」さんに寄りました。
渡良瀬遊水地は栃木・群馬・埼玉・茨城にまたがる遊水地です。
この付近は、とてもきれいなところです。
また、この付近には、「三県境」と言う、唯一の歩いて行ける3県にまたがる県境(群馬県板倉町、栃木県栃木市、埼玉県加須市)があるそうです。
一般的には、3県にまたがる県境は、山の上だったりして行くのが大変だそうです。
「道の駅かぞわたらせ」には、とてもインパクトのあるものが販売されていました。
昆虫食のスナック(タランチュラって書いてあります...)や、タガメサイダーです...ちょっとびっくり。
食糧危機を解決するために昆虫食が脚光を浴びているそうですが...怖くてまだ試していません。(笑
また、メダカやタナゴなどの淡水魚も販売されていて、たくさんのお客さんで賑わっています。もしかして有名なのかもしれません。
続きは次回です。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加