ガマの油売りの口上

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。 Please Click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

前回からの続きです。
動画もあります。
神社の境内で、ガマの油売りをやっていました。
筑波山はガマの油が有名です。
ガマの油は軟膏です。昔から香具師が口上で販売されていました。
香具師とはお祭りや人の集まる場所で、露店などで見世物などの芸を披露して商売をしている人たちです。わかりやすいところだとフーテンの寅さんも香具師です。

ガマの油売りの口上は、ものすごくざっくりと要約すると、筑波山だけに生息する前足が四本指、後ろ足が六本指の「四六の蝦蟇」を鏡の中に閉じ込めると、あまりにも自分が醜いからって汗を垂らしたものがガマの油です。
効能は、よく切れる刀が切れなくなったり、よく切れる刀で切った傷がたちまち治るというストーリーです。
実際に、刀で自分の腕に傷をつけて(実際には血糊)それを拭き取って見せます。
どんな傷でも治りますが、昔からの王道のネタで、「恋の病には効かない」というようなオチです。(笑
これを名調子で演じます。

今は、薬事法があるので、実際にはガマの油を露店では販売できないので、口上だけです。
それでも大切な文化ですので保存会があるそうです。
元々行われていた文化でも、時代の流れでできなくなることはあります。少し残念です。
モラルで縛れなくなると、法律で規制するしかないから...

境内では、オジサマがやっていました。良い感じで乗ってます。(笑
お客さんは、楽しげに見ています。
だけど、オジサマの衣装、ちょっとくたびれてます。(笑
あと、上手に血糊が着きません。(笑)でも、それがまた味になってます。
最後に、ガマの油は、どんな「痔」にも効く(細かく痔の種類をあげて)という決め台詞で口上が終わります。
見ているお客さんからは大拍手!
面白かったです。

その後に、筑波山神社に参拝して帰ってきたら、今度は、若い女性が口上を演じてました。
朗々とした声のとても威勢が良い感じです。
オジサマと違って、衣装もピシッとしています。
心なしか、男性客が多いです。(笑
比較的年齢層の高い男性が多かったですが、みんな真剣に見てます。(笑
それでも、やっぱり最後は「痔」に効くです。(笑
なんだか、こういう口上が見られて、得した気分です。
せっかくなので、帰りにガマの油を買って帰りました。

mahalo
最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。


オンライン(Zoom・Line・携帯)、対面での個人セッションを承っております。料金は10分毎に1,500円です。お気軽にお問い合わせください!

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。 Please Click!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル
LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加