感情で受け取る、理性で受け取る 上下関係

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。 Please Click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

リモート鑑定受付中です。お気軽にお問い合わせ下さい!


イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

議論は、好きな人も好きではない人もいます。
ですが、好むと好まざるに関わらずに、意見を言うと、反対意見が戻って来て、時には議論になるときがあります。
特に、インターネットの世界、SNSの世界では、起きることが多いです。
なんの気無しに書いたことに、反対意見が出てきたりすると、自分の意見が否定されることもあります。
言葉は、送り手と受け手で感じ方が違います。
その時の、気分で受け取り方が変わることもあります。

また、職場などでも、意見が否定されることもあります。
そして、職場では逃げられません。
よく言われていることですが、日本人は、議論が苦手と言う説があります。
諸外国では、ディベートなどで、議論を学んでいると言う話を聞いたことがあります。
確かに、議論を否定されると、自己否定されたように感じで感情的になる人もいます。
また、逆に人格否定的に、相手の意見を否定する人もいます。

残念ならが、議論に対して閉鎖的な職場も多いです。
広く意見を求めるとか、オープンで闊達な議論を求めるとか、表向きでは言っていますが、上司に対しての、反論を一切許さないような職場は、本当に掃いて捨てるほどあるのでは無いでしょうか。
時には、発言自体の意図が理解されたわけじゃなくて、自分に対する反論として受け取って、意味も考えずに言い返す人もいます。
意見を理性ではなくて感情で受け取る人です。
自分の意見や、自分のイメージ以外を受け付けない人。
正しいとか、正しくない、あるいは、検討の価値の有り無しすらも関係なく、自分に対する反論は、敵対行為てにみなししてしまう人。
そういう上司も多いのではないでしょうか。

現実的には、職場の風通しが良いところのほうが少ないと思います。
意見を言わせない環境を作っておいて、意見が少ないとか言い出す方も、本当にたくさんいます。
相手を萎縮させているのに、相手のせいにする。
佐倉宗吾氏の話ではないですが、昔は、悪政を直訴したら死罪を言い渡されたりしました。
そういう変な上下関係。
上が絶対的であるって価値観は、今でも根強く残っているのかもしれません。
続きは次回です。

mahalo
最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。

リモート(Zoom・Line・携帯)、対面での個人セッションを承っております。料金は10分毎に1,500円です。
お気軽にお問い合わせください!


お問い合わせだけでも大丈夫です。

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。 Please Click!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル
LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加