悪口を言う人 どうしたら

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

前回からの続きです。
周りに悪口を言う人がいて、話を振られると困るときあります。
賛同すると、自分が悪口を言っているみたいになります。
反論すると、今度は自分に刃が向かうこともあります。
あるいは、悪口言われている人が、更に言われてしまうこともあります。
反面、こういうことって力関係が影響しているから、信頼関係が基本にあって、相手を諭せる関係があると、やんわりとたしなめることが出来ることがあります。
本当はそれが出来ると一番良いのですが、実際には、悪口を言う人は、そういう諭されそうな相手には言わないので、難しいです。

こういう時は、身の処し方はとても難しいです。
僕自身は、その時その時で判断を考えます。
刺激しないように、聞くことに徹することが多いです。
相手の視点に立って、「そうなんですね。」とか「あなたはそう感じるのですね。」というトーンで聞きます。
ただ、人によっては、相手を「自分の位置」、「悪口を言う位置」まで引きずり下ろして、巻き込みたがる人もいるので難しいです。
なので、ある意味「地雷原を歩く」感じです。

悪口を言う人が影響力があると、周りの人のマイナスの思い。
例えば、悪口を言われる人が、みんなからどこかマイナスのイメージを持っていたら、それを引き出したります。
仲間づくりの通過儀礼みたいなります。
それが「派閥」です。
どこにでも、派閥を作りたい人は多いです。人の性なのかもしれません。
集団の中での序列を作っていく、一つのツールなのかもしれないです。
スピリチュアルの世界も同じです。
人は完全ではないです。人である以上、ついてまわるものなのかもしれません。

もし、自分が当事者で悪口を言われていたら、難しいけど気にしないことが一番だと思います。
だけど、いじめにまで発展したら、誰かに話すことた、助けを求めることが大切です。
一人で抱えてしまうと、とても苦しいです。
声を上げること、周りに助けを求めること。とても大切です。
打ち明けることは、とても勇気のいることです。
抱えてしまっていると、いろんなことが怖くて、何も言えなくなるときもあります。
だけど、そういうときこと、勇気を持ってください。
力になってくれる人は、かならずいると思います。
それは、自分がどう生きるかを選択することです。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加