批判と誹謗中傷

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

最近、SNSの世界で誹謗中傷の話題をよく目にします。
最近でも、テレビに出ている若い女性(背景など詳しく知らないので、知ってるみたいにお名前を上げたくないのでこの表現にさせてください)が誹謗中傷を受けて自ら命を絶たれた話が話題にあがりますが、聞いていて本当に気の毒でいたたまれない気持ちになります。
SNSの世界は、匿名でも成り立つので、誹謗中傷を言う人は多いです。
今のコロナ禍の世の中でも、いわゆる「正義警察」言われる人たちが多いのと根っこは同じだと思います。

匿名で、自分はリスクを背負わないで、自分の中での正論を盾にして、相手を攻撃します。
ご自身の中では、正論なので正しいことをしていると思っています。
心のなかで気がついている人もいるし、気がついていない人もいると思いますが、本質は見えないところから石を投げていることと同じです。
そして、石を投げている相手は、決して強い人じゃないです。

正論って怖いことだと思います。
ある意味、麻薬と同じです。自分が正しいことをしていると思うように「酔わせます」。
ですが、たんに気持ちが良いことに酔っ払っているだけで、そこには本質はないです。

なんでこんなに、人をいじめる人が多いのかを考察すると、それだけ抑圧させられている人も多いのだと思います。
だから、それの鬱憤を正論に乗せて、誰かにぶつけています。
日本の社会は減点主義です。
例えば、仕事でも100点をとらないと、多くのことで功績をあげられても、些細なミスを指摘されます。
そんな、いじめ社会だから、みんな気が付かないうちに、相当に鬱憤をためています。

本来だったら、それをおかしいって感じたら、そんな社会を変えていくようにしないと良くはならないです。
ですが、多くの人は変化を恐れます。だから、何も変わらないです。
また、集団の中から外れないことを叩き込まれているから、その中で物事を解決しようとします。

もし、本当に解決したかったら、そういう組織や社会を作っている相手に対して、意見をぶつけるべきです。
誰かに意見を言うこと、批判をすることは、必要なことでもあります。
自分より弱い人や力のない人にぶつけるのではなくて、力のある人にぶつけないといけないです。
いいかげん、弱い者いじめをしている人は気がついてください。
そして、自分の行っていることが正しいかどうかを、自分の心や魂に問いかけてみてください。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加