差別意識 エリック・クラプトン

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。 Please Click!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

リモート鑑定受付中です。お気軽にお問い合わせ下さい!

イベント出展情報

現在のイベントはありません。

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

今回の話題は、重くて長いです。数回にわかって書きますね。
ここ数日で、差別がキーワードの話を二つ耳にしました。
一つは、Facebookで読んだ記事ですが、ギターの神様のエリック・クラプトン氏の差別発言の話です。
昔の発言ですが、白人以外を否定しました。
イギリスから出て行けということをコンサートで話したそうです。(その後に、お酒で弱っていたためにした発言であると釈明したそうです。)
この話を聞いて、とてもショックでした。

僕自身は、差別発言をする人とは、どこか距離をとるようにしています。
だけど、若い頃に影響を受けたエリック・クラプトンだと、すごく受け止め方が難しいです。
人は感情の生き物です。
同じ行動を取られたとしても、良い感情を持っている人は、かばいたくなります。
反面に、良くない感情を持っている人のことは、遠慮なく切り捨てます。
理屈ではない部分があると思います。
だから、正論には、脆弱性が潜んでいます。

クラプトンの音楽、ギター、10代の頃から聞いてます。すごくかっこよいギターです。
最近、また、クリームをよく聞いていたりもします。
クラプトンのギターは、すごくブルージーだと表現されます。
白人であっても、とても黒人のブルースを感じる音を出すということです。
世の中には、血でないと演奏できない音があります。
民族的な音や文化を知らないと出せない音。
だけど、時々天才が、そこを超えてしまいます。
それがクラプトンです。

また、クラプトンはジミ・ヘンドリックスに影響を受けました。
クリーム時代の衣装からも、それはわかります。
憧れて、そして、どこか恐れていました。
ジミ・ヘンドリックスの音は出せないこと、ジミ・ヘンドリックスは、自分より才能があるのではないという思い。
リスペクトとジェラシーだと思います。
続きは次回です。

mahalo
最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。

リモート(Zoom・Line・携帯)、対面の個人セッションを承っております。10分1,500円です。
恋愛や仕事や家族や人生全般など、お話をきくだけでも大丈夫です。

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。 Please Click!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル
LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加