美しくて不思議なオヒア・レフア

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

前回からの続きです。
周りの見回すと、とても美しい赤い花をつけた背の高い木があります。
この樹木に会うことも、このハワイ島に来た目的の一つです。
オヒア・レフアと言います。ハワイの固有種です。
オヒアの木、レフアの花です。
花と木で名前が違う、不思議な樹木です。
オヒア・レフアには、ペレ様にちなんだ、悲しい伝説があります。

昔々、とても愛し合っていた若い恋人たちがいました。
若い女性はレフア、若い男性はオヒアという名前でした。
二人は本当に本当に深く愛し合っていました。

ですが、オヒアはものすごくイケメンです。
オヒアを一目見た女神ペレは、オヒアを気に入って結婚を申し込みます。
オヒアは悩みます。ペレの誘いを断ったらどんな目に合わされるかはわかりません。
それでも、オヒアは勇気を持って、ペレからの誘いを断りました。
オヒアは、レフアを心の底から愛していました。

断られて怒り狂ったペレは、オヒアを木に変えてしまったのです。
彼女は、来る日も来る日もオヒアの木に腰掛けて泣いていました。
そのために、森には太陽が照らずに、毎日雨が振り続けました。
そのことを知って不憫に思った神々は、レフアを花に変えてオヒアの木と一緒にしました。
こうして二人は永遠に結ばれました。

そのため、木がオヒアで花がレフアというように呼ばれています。
そして、レフアの花を摘むと、オヒアと離れ離れになってしまうことを悲しんでレフアが泣くために雨が降る。と言われています。
※二人を結びつけたのは、自分の過ちに気がついたペレだと言うバージョンや、ペレのライバルでマウナケア山に住むポリアフだと言うバージョンもあるそうです。

そんな、オヒア・レフアに会いたかったです。
オヒア・レフアには、そしてとても不思議な樹木です。
ペレの怒り、火山の噴火で溶岩が流れた後、ドロドロの溶岩が流れた後は、溶岩が固まって何も生えない不毛の溶岩台地になります。
その溶岩立ちに最初に根を張るのがオヒア・レフアです。
硬い溶岩を、その力強い根で砕いていって、根を張ります。
そして、硬い溶岩台地が砕けていったことで、そこには森が出来ます。

ペレによって引き裂かれた恋人たちは、新しい森、生命に溢れた森を作っていきます。
ペレによって引き裂かれても、二人はペレに打ち勝つように、不毛の大地を、栄養分の豊富な命の集う森に変えてきます。
きっと、そうやって命がつながってきたのだと思います。
なんだか、そこにとてもハワイの人たちの(古代ハワイには文字がなかったので、口伝で伝えらます)命に対する概念、哲学、自然に学んだ科学、深い叡智を感じます。
文化や世界観を感じます。
オヒア・レフアのお話は、とても悲しいけど、だけどとても好きなお話です。
もし、ハワイに行く機会があったら、この美しいオヒア・レフアに会いに行ってみてください。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加