須賀神社に参拝しました 紫陽花の参道

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

2020年7月のお話ですが、須賀神社さんに参拝しました。
須賀神社さんは栃木県小山市にあります。
僕の住んでいる野田市は千葉県ですが、茨城県や埼玉県に近いので、県内に行くよりも栃木県や群馬県が思いの外近いことに気がついてから、栃木県や群馬県の神社まで足を伸ばすことも多くなりました。
県内や、茨城県も多いです。埼玉県も素敵な神社さん多いですが、うちからだと都市部を抜けていくので、ちょっと渋滞が多くて、あんまり行ける機会が少ないです。
本当は行きたいところたくさんあるんですが。

須賀神社さんは、牛頭天王・素盞嗚命(すさのおのみこと)をお祀りしています。
牛頭天王は、日本における神仏習合の神様です。須佐之男命と同一視されています。
須賀神社さんは、天慶の乱のときに藤原秀郷公が、素盞嗚命に戦勝を祈願して、成就することが出来たので、天慶3年4月に京都の祇園社(八坂神社)から、御分霊を勧請してお祀りしたことが起源だそうです。
とても歴史のある神社さんです。

牛頭天王・素盞嗚命のお話の中で、蘇民将来というお話があります。
旅をしていた素盞嗚命が、ある村で旅の途中で宿を乞うたときに、裕福な弟の巨旦将来は断り、貧しい兄の蘇民将来は粗末ながらも、快くもてなしました。
後に、再度村を訪ねたときに、自分が素盞嗚命であることを明かして、蘇民の娘に、茅の輪を付けるように言いました。
そして、疫病が流行ったときに茅の輪を付けていた蘇民の一族だけが助かったそうです。
その由来から、疫病除として茅の輪を飾るようになったそうです。

そんな、お話もあるので、COVID-19(コロナウィルス)退散の祈願もしたくて、行ってきました。
また、牛頭天王にもお会いしたかったです。
僕の住んでいる千葉県野田市からは、1時間30分ぐらいの距離でした。
ちょっと曇り空の中、出発しました。

須賀神社さんに到着して、駐車場に車を置くと、道路を渡ったところに、長い参道が見えます。
せっかくなので、参道の先まで行って、一の鳥居から参拝させていただきました。
それにしても、街の中にこんなに長い参道があるって、この神社が昔から、この土地に根付いて地域に愛されているのですね。
参道は、広くてまっすぐです。
参道沿いには、杉が植えられていて杉並木になっています。
花壇が、きれいに手入れされていて紫陽花が植えられています。
紫陽花は、曇り空に映える花ですね。
その参道をゆっくり歩いていきました。
続きは次回です。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加