箱根神社に参拝しました 箱根の山は、天下の嶮

イベント出展情報
  • 2020年9月25日  11:00 AM - 1:00 PM

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

前回からの続きです。
富士山本宮浅間大社を出て、その日のうちに箱根まで移動しました。
ナビのとおりに向かっていると、市街地を抜けて周りの明かりもなくなって、気がつくと山の中。
そんな道をずいぶん走りました。
そしたら、感覚的には奥まった山の中で濃霧に遭遇しました。
目の前が数メートル程度しか視界がなくて、カーブもタイトなものが続きます。
ナビを頼りに、次のカーブを深さを予想して徐行に近いぐらいにスピードを落として運転しました。
地形と季節で、霧が出やすいところはあるから、要注意ですね。
久しぶりに運転していて緊張しました。

なんだか、こんな感じで走ってみると、箱根の山が深いことがわかります。
「箱根の山は、天下の嶮」と言うフレーズを急に思い出しました。
その後の歌詞わからないけど。(笑
調べてみると、昔の唱歌「箱根八里」という歌です。
まさに昔は「天下の嶮」と例えられる難所だったことを実感しました。
しかも、昔は関所もありました。
東海道の要所、交通の要所です。
徒歩で移動する昔には、とても大変な場所だったんだと思います。
だから、この峠を越えるために、休むことや準備をすることが必要になると思います。
この峠のふもとに街ができて発展していったことがわかります。
お正月に行われる箱根駅伝の選手たちも、こんな標高差を走っているんですね。

箱根は、やっぱりどこか特別な場所の感じを受けます。
なぜ、こんなことを書くのかというと、僕が神社参拝をするときに大切にしていることがあります。
その神社さんには、今はどんな神様が祀られていて、以前にはどんな神様が祀られていたかということです。
神社もそれぞれ成り立ちが違います。
元々祀られていた神様もいますが、後から勧請された神様もいます。

世の中の他のことと同じで、大きな神社には、それなりにお金がかかっています。
そのお金は、時の権力者によって出されたものかもしれません。
地域や、豪商などのパトロン、人々の寄進によって捻出されたのかもしれません。
大きな神社によっては、後から神様を勧請して、元々いた神様を末社や摂社にお祀りすることもあります。
その街の成り立ちを知ると、その神社では、元々どんな神様がお祀りされて、信仰されていたのかを知るヒントになります。
続きは次回です。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加