マウント取る人

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。 Please Click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

占いやカウンセリングで、いろんな方のお話を伺っていて、不快な思いをされたとのお話を掘り下げていくと、結果的にはマウント取られたということだったとのお話、結構多いです。
マウント取る人って、世の中、一定数います。
僕自身も、先日、経験しました。
また、見方を変えると、マウント取られやすいタイプの方もいます。

マウント取られやすい人は、真面目な方が多いです。
攻撃されても反撃しない方。
あまり取り巻きもいない方。
ある意味、いじめの図式と似ていると思います。

いじめと少し違うのは、マウント取る相手をターゲットにしている場合もありますが、たまたまな場合も多いです。
マウント取る人は、その場においての自分のプレゼンス(存在)を誇示するために、誰かを低く見せたり、変な議論をふきかけて攻撃します。
ですが、皮肉な言い方ですが、結果的に的はずれであったり、論点が全くズレている場合もあります。
あるいは、独り相撲になっている場合も多いです。
議論する場であれば、「感想ですが」と言う枕詞をかけてくる場合もあります。
歓談の場であれば、質問が多い場合があります。
質問が、別に興味をもっての質問ではなくて、相手を分析する場合に質問だったりもします。

マウントを取る人は、その場において、ターゲットより上であるとの意識があると、ターゲットが目立つと、自分の地位が脅かされると感じるのかもしれません。
あるいは、この場ではなくて、自分の身近な領域で、低く見られたりしていることが気に入らなくて、自分を出す場所。称賛される場所を探しているのかもしれません。
根底には、自分を認めてもらっていない。
この場では、自分を認めてもらいたいとの意識が働くのだと思います。
誰も、自分を認めてもらいたい意識はあると思います。
ですが、その場で自分を立ててもらえなかったりすると、過剰に反応してしまうのかもしれません。

真面目で一生懸命な人は、一生懸命になりすぎて余裕を失うと、周りが見えなくなってしまうこともあります。
配慮されたい方や、自分を認めてもらいたい方は、そういうときに自己アピールをしないといけないと感じてしまうのかもしれません。
また、いつ、自分自身も何かのことでマウントを取る立場になるとも限らないことを自覚することも大切だと思います。
何かで焦ってしまうと、周りが見えなくなることもあると思います。
コミュニケーションは、いつも本当に難しい課題だと思います。

mahalo
最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。


オンライン(Zoom・Line・携帯)、対面での個人セッションを承っております。料金は10分毎に1,500円です。お気軽にお問い合わせください!

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。 Please Click!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル
LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加