神社参拝が好きな理由 魂の共鳴

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。 Please Click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

スピリチュアルなお話の続きです。
そんな感じなので、現在の神社は、神様のいるところという側面の他の、人為的に政治的に利用されているところもあります。
だからといって、こういうことって昔からなので、仕方が無いと思います。
ですが、そういう側面があることを知ることは大切だと思います。
そんな明治時代の神社の大きな政治利用の国家神道化の前ですが、神社とお寺が一緒になっていたり、神様も仏様も別け隔てなくお祀りされていた時代があります。
神仏習合です。

現在でも、文化や習慣として神様と仏様の区別が曖昧な要素も多いです。
神社と、お寺でのお参りのしかたの違いを知らない人も多いです。
例えば有名な神様や仏様の名前を聞いても、それが神様なのか仏様なのかわからない人もたくさんいます。
また、有名な神社やお寺であっても、祀られている神様や仏様がわからないことは多いです。
むしろ、知っている方のほうが少数なのではないでしょうか。
ですが、そんなことは関係なく、初詣や何かの節目に、神様や仏様にお願やお参りをしにいく文化があります。

なにかの節目に、身近にいる神様のところにお参りやお願いに行くことは、何か理屈を抜きにして自分たちのDNAに根付いていることかもしれません。
また、最初にお話した内容にもどりますが、自然の中にいる霊的な存在、何か人間の力を超えた存在。
あるいは、違う次元で、存在することがわかっている何か。
もしかすると神様と呼ばれているかもしれないし、自然霊と呼ばれているかもしれない何か。
その存在は、魂は知っているのだと思います。
ですので、心が落ち着いたり、何か安心したり。
あるいは、何かのヒントをもらったり、エネルギーをもらったり。
そんなことがあるのだと思います。

神社に行くことは、魂が知っている何かに会いに行くのかもしれません。
ですので、難しく考えないで、心が疲れたら、神社に行くと良いかもしれません。
そして、心を素直にしてみましょう。
きっと、何か良いことがあると思います。

mahalo
最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。


オンライン(Zoom・Line・携帯)、対面での個人セッションを承っております。料金は10分毎に1,500円です。お気軽にお問い合わせください!

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。 Please Click!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル
LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加