優等生思考

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

このブログでも、COVID-19(コロナウィルス)関係の話が多くなってます。
至るところで目に触れることが多いからだと思います。
それだけ不安に思っている人が多いということだと思います。
この間も、このブログで書きましたが、先日、マスクの話題が大きく取り上げられました。
最初は批判ばかりでしたが、政府はちゃんとやっているという論調の人もいます。
そんな中で、いつも感じるのは同調圧力です。
どうしても、自分と違う意見を潰したい人がいますね。この話もまた書きますね。

僕自身は、今の政権に対しては不信感しか無いです。恫喝・隠蔽・捏造、文書主義を破壊したというだけでも断罪されるべ出来だと思っています。
ですが、ここでは、そのことは主題にはしないです。
前から、不思議に思っていることがあります。
僕より経済的にも社会的にもポジションが上の方で、教育水準も高い方。人間的にも信頼でいる方であっても、与党支持の方も多いことです。
時々、おかしいのは自分何じゃないかとも思うこともあります。
メンタリティが理解できなくて、ずっと疑問に思っていたので、自分なりにずっと考察していました。
これって、分析するといくつも出てきます。その中で一つ思ったことを書きます。

社会的にポジションが高い人は、学校でも優秀だった人が多いと思います。
そういう方が今の教育システムの中で、努力を重ねてポジションを手に入れたんだと思います。
表現を変えると、現在の社会システムに適合して覇者になった方も多いです。
なので、組織側に属したりすることが自然なんだとも思います。
小さいころから「学校は正しい」っていう前提が刷り込まれているのかもしれません。
ある意味の権威主義です。

また、社会の中でも所属している組織の中でも管理側に属している方も多いです。
そう考えたときに、所属したり運営したりする組織や枠組を肯定的に捉えるんだと思います。
組織の管理は大変です。
大きな組織じゃなかったとしても、何かの責任者になったり、運営に携わった人であればわかることだと思います。
そういう意味でも、組織を運営する側のメンタリティに寄り添うのだと思います。

そういう社会的な立ち位置の差や、社会へのものの見方、全体の中でのどこを中心にするのか、価値観など、いろんな要因で違いが出るんだと思います。
これは、どちらが良いかということではないです。
正常に機能した民主主義は、色んな人の考え方の最大公約数だと思います。
いろんな考え方の中での、どこでバランスを取るかということ。
なので、民主主義の原則を考えても、いろんな意見があってあたりまえだという前提の中でお話しました。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加