疑心暗鬼と同調圧力

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

COVID-19(コロナウィルス)の影響で、不安になっている人が多いと思います。
疑心暗鬼になってしまって、心の余裕を失います。
不安や恐怖に影響されてしまって、どこか振り回されてしまいます。
だけど、こういうときは当たり前だと思います。
心が強い人や、逆境に強い人は、そんなにたくさんはいないです。
不安であることは、ある意味普通だと思います。

こういうときってなおさら情報に振り回されます。
というか、振り回されないようにするこは、本当に本当に大変です。
最近では、政府のマスク支給の話が出てきて、ネタにまでなってしまいました。
あの話は、元々は、諸外国、他の先進国並の支援策を期待していたところにマスクと言う話で、批判が広がりました。
それが、多くの人が関心を持ったために、本題から外れてマスクを配る正当性の話に置き換わっています。
医療関係者に対してもマスクを配っているのでマスク2枚だけの話じゃないという論点です。
いつのまにか困っているところへの現金などの補償の話からマスクの正当性の話にすり替わっています。
こういうことってたくさんあります。

緊急事態宣言の話やロックダウンの話でも、緊急事態条例に反対していた野党よりの人が、ロックダウンや緊急事態宣言を望んだりしていて、一見矛盾して見えます。
ですが、元々の論点にしていたのは国会承認などのプロセスだったりします。
同じように見える話でも、論点が違ったりしてます。
だけど、きちんと情報を追っていないとわからない話です。

コロナウィルスの話でも、いろんな人がいろんな角度から話をしています。
ニューヨークやイタリヤ、スペインの状況をみて、警告がなされています。
逆に、それよりも経済活動が気になる人もいます。
真逆の情報や考え方に思えますが、両方とも論点としては大切です。

その時の優先順位や考え方で、その時の主流の考え方が出てきます。
だけど、大切なことは、色んな考え方があっても良いことです。
ときとして、主流の考え方以外は間違ってみえてしまうこともありますが、考察すること、考えることが大切です。
人は周りを見て同じような意見になりがちです。
不安のときはなおさらです。
気が付かないうちに周りへの同調するような意識をもったりします。
だけど、答えは、ひとそれぞれ違います。
わからなくても良いから考えつづけることが大切です。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加