目に入ること入らなこと

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

人それぞれ、目に入ることって違うと思います。
例えば、道を歩いていても、気がつくことも人それぞれ違うことも多いです。
道端の花が気になる人。通る車が気になる人。全然違うことを考えながら歩く人。
その時の状況や、その時の状態でも変わってきます。
人って自分の主観で生きているんだと思います。

現代社会は、情報社会です。
気が付かないうちに、本当に多くの情報に接しています。
そして、気が付かないうちに、必要な情報を選んでいるんだと思います。
受動的に情報を受け取る人。能動的に情報を取りに行く人。
情報を受け取るスタイルでも変わってくると思います。
そして人は、どこか自分の理解できる情報や、自分の世界観に合う情報を集めて、その中にいるんだと思います。

例えば、僕はヴィーガンです。
そうすると、ベジタリアンやヴィーガン、マクロビオティックなど、関連する情報を積極的に能動的に探していたり、あるいは自然と目に入って受動的に受け取っていたりします。
そういう中で、そういうことに興味を持つ人と知り合ったり、そういう情報が集まるところを関わったりしていきます。
そうすると、自分の周りにはヴィーガンやベジタリアンの人が増えてきたり、そこまでいかなくても、ヴィーガンやベジタリアンという言葉を知っている人や、興味を持つ人が増えてきます。

だから、なんとなくヴィーガンやベジタリアンが認知されているというように、感覚的には捉えてしまいがちです。(ヴィーガンやベジタリアンに関しては、実際に2020年に向けて対応しているお店が多いので、認知が増えているのは客観的にあると思います。)
ですが、もっと広い範囲でみると、知らない人、興味がない人が圧倒的に多いです。
なので、現実には、いろんな方と食事に行くときに負担をかけてしまうこともあります。

こういうことって、もちろん例に出したヴィーガンだけじゃなくて、他のことでも当てはまります。
スピリチュアルな世界もそうです。
スピリチュアルに興味がある人の周りには、スピリチュアルに興味がある人が集まってきます。
その中での共通認識や、ある意味のローカル・ルールが作られることもあると思います。

なので、全然違う人たちとのやり取りで、もし、スピリチュアルな話題が出たとしても、認識や捉え方が違ってたり、全然、違う情報や方向性の違うこともあります。
また、どこでもそうですが、話って、なぜかその集団での、力関係が作用して方向性が決まったりもします。
そのため、話が通じないこと、噛み合わないことも起きることもあります。

大切なことは、人と自分が見ている世界が違うという認識を持つことだと思います。
そして、現実には、複雑な思いを持つこともあるけど、そんなギャップを楽しめると面白いですね。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加