マナカード 2020年12月30日蠍座の満月

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。Please Click!

ブログランキング・にほんブログ村へ
イベント出展情報

ALOHA!
満月と新月の時に、みなさんにお伝えするマナカードのメッセージです。
基本的なカードの意味だけではなくて、インスピレーションで。
目に留まった方はあなたへのメッセージかも!

2020年12月30日12時29分に蠍座の満月です。
ボイドタイムは12月31日22時46分~1月1日3時59分です。
その時間はお願い事を避けてくださいね。

今年ももうすぐ終わりですね。なんだか年々、一年が早く感じるようになります...
今年は、COVID-19(コロナウィルス)の影響で、変則続きの年だったと思います。
人によって程度は違うけど、みなさん、それぞれなんからの影響を受けたと思います。
そんな今年も最後なので来年に向けて「切り替える」をテーマにマナ・カードを引いてみました。

No.13
PAHU
パフ
(神聖な太鼓)
タイミング・儀式

パフはフラの伴奏にはなくてはならない楽器の一つです。
その深みのある荘厳な音色は踊り手にインスピレーションを与え、見るものの心を動かすと言われています。

パフは神聖なものを称える時に現れます。
時々、わたしたちの生活が多忙を極めると、もっとも尊いことである、じっくり考えたり儀式のための時間をとったりすることを忘れてしまいます。
パフは細部に注意を払うことに気づかせてくれます。
また、パフは、世俗的なものから神聖なものへ、単調で退屈な行いから喜びをもたらす行いに切り替えるときにも現れます。
パフは、ある種の儀式に参加する時を示します。
パフは、あなたに高次な目的と結びつくことに気づかせてくれます。

現代社会は、日々、凄まじい速度で変化していきます。
自然界の変化の速度より、人為的な変化のほうがはるかにサイクルが早いです。
ときには、自然さえも自分たちの速度に合わせようとして、様々な亀裂が生じていきます。
そのことは、表面化することに時間がかかっても、必ず、自然界を蝕んでいきます。
ですが、それに気が付かず、それを容認してしまって、更に生活を加速させていきます。

そんな中で、たくさんの人が、追い詰められたり、疲れたりしています。
日々の中で、気がつくと、何か大切なものを置き去りにしてしまっていることもあります。
ですが、その何かがわからなくて、声の小さい違和感だけが、心に引っかかったりもします。

何かに集中している時は、そのことだけに意識が向いています。
楽しくて夢中になっているときであっても、やらざる得ないことで必死になっていることであってもだと思います。
他のことを振り返る余裕がなかったります。
ですが、時間や心に隙間ができると、とても不安になる人も多いです。

そんなときには、いちばん大切なこと。
自分自身が尊い存在であることを思い出してください。
そして、自分のリズムを思い出してください。
世の中で、一生懸命に生きているt、自分のペースでは生きていないことに気がつくと思います。
自分の周りのこと、自分が見ている世界。
もしかすると、本当は必要が無いことも多いかもしれません。
苦しいときこそ、意識を切り替える努力をしてみてください。
もしかすると、本当の自分の思いが見えてくるかもしれません。
そして、それが生きるための、大きな手がかりかもしれません。

mahalo
最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。


占いやカウンセリングを通して、メッセージをお伝えしていきます。

個人セッションは、携帯電話、LINE、Zoomで30分間6000円(延長10分間2000円)です。

お気軽にお問い合わせ下さい!
LINE公式アカウントです。気軽に登録してください!
LINE公式アカウント
良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。Please Click!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

, , , , , , , ,

マナカードリーディング 2020/12/30

HOME


マナカードについて
マナカードは、ハワイの神話や物語をベースに作られたカードです。
ハワイ大学ヒロ校コミュニケーション学科で助教授をされている「キャサリン・ベッカー」さんがインスピレーションを得て作りました。
カードは全部で44枚があります。 ハワイでは4が神聖な数字です。 古典フラ(フラカヒコ)も4拍子です。 44枚の内の5枚は上下の出方で意味が変わります。

図柄は、とても美しくて優しい感じで、どこか素朴です。
カードには、主の図柄の他に、お花や鳥や波や海や星や溶岩など自然現象がたくさん描かれています。
そして、描かれているお花にもたくさんの物語が隠れていたりします。
裏面には神聖で大切な植物であり食べ物、神様が人間の兄弟として創った「タロイモ」の葉が書かれています。
古代ハワイアンは文字を持たなかったために、チャンター(語り部)が言葉で語り継ぎました。
「クムリポ」というハワイの創世神話など、ものすごく長い物語を何世代にもわたってか語り継ぎました。
古代ハワイアンは多神教なので、日本の神話にも類似点があります。
個々のエピソードでもどこか似ている話があり、環太平洋の文化として研究されている方もいます。

ハワイの神様もとても個性的で、時にはとても人間臭いです。
ハワイアンは自然と共に生きて、自然をリスペクトしています。
そのために自然を表す言葉がたくさんあります。
雨や風を表す言葉だけでも数百あるとも言われてます。
激しく降る雨や、丘に優しく降る雨、どこかの土地に降る雨や吹く風によって名前が違います。
マナカードは、そんなハワイの英知が詰まったメッセージを届けるカードです。