iPhoneのDFUモード

イベント出展情報
  • 2020年9月25日  11:00 AM - 1:00 PM

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

愛用中のiPhoneSEの動きが、少し鈍くなってきました。
LINEの立ち上げがものすごく遅いです。
通知で来る部分は普通に早いですが、アプリを立ち上げてから表示されるまでに時間がかかります。
通知部分は、使っている通信方法が違うのだと思います。(詳しく深堀りしてないけど)
アプリ本体が、更新されたデータを見に行くところが遅い印象でした。

これは、iPhone(iOS)に限らずどんなOSでもそうですが、使っているといろいろ不要な情報がOSに溜まってきます。
また、ディスクのフラグメンテーションなども発生しやすくなります。
不要なデータの削除や、不要なアプリの削除などのメンテナンス作業である程度は防げますが、なんとなく調子悪くなってきたら、リセットをかけるのも効果的な手段になります。
ただ、リセットをかけるのには、バックアップを必ず取りましょう。

容量が足りなくてOSのアップデートが出来なくて、アプリのアップデートも出来なくてそれでも使っている人も多いです。バックアップを取ったことのない人も多いです。
スマホは便利ですが、なんだかんだ言っても道具なので、手入れをしたほうが使い勝手も良くなります。
そうは言っても、IT機器なので、聞き慣れない用語が出てくると躊躇してしまう人も多いですよね。
もし、わからない方は、リクエストをくださればお手伝いしますね。

今回は、ついでなので初期化してして再設定しようと思って調べてみました。
そしたら、DFUモードという方法があるそうです。
DFUモードのDFUはDevice Firmware Update(ディバイスファームウェアアップデート)の略称です。簡単に言うとFirmwareを強制的にアップデートして、iOSを強制的に初期化して復元するモードだそうです。
Appleの公式的なトラブル解除法としてリカバリーモードがありますが、それに失敗したさいに使われる方法でもあります。
なので、公式にはトラブル解除法としてリカバリーモードが推奨されています。
リカバリーモードよりも広範囲にトラブルが解決できる可能性が高いそうです。

iPhoneをDFUモードにするには、iTunesが必要です。
なので、パソコンに繋ぐ必要があります。
iPhoneのモデルによって(ホームボタンがあったりなかったりなので)操作方法が違いますが、手順は一緒です。
参考になるページのリンクです。

実際にやってみましたが、スムーズに復元できます。
時間はアプリの再インストールが自動で行われるので、その量にもよりますが、僕は1時間ぐらいの作業時間でした。
注意する点ですが、iPhoneに保存しておきたい写真やプレイリストなどがあると思います。iTunesとの同期設定を確認しましょう。
僕のiPhoneは、LINEの起動もスムーズになりました。
あと、いろんな不要なファイルもきれいになって容量も増えました。
動きもキビキビしています。
もし、動きが鈍くなっていたらチャレンジしてみてください。
わからなかったら、お手伝いしますね。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加