Synology DS220+でハードディスク不良 RAID1

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。 Please Click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

先日購入させていただいたNAS(Network Attached Storage:ネットワークにそのまま接続できるハードディスク)「Synology DS220+」を、とても調子よく使っています。
本当に好調で、気に入っています。
しばらく使っていたら、NASで使っているハードディスクにエラーが出ました。
ですので、備忘録的に書きます。

DS220+を購入したときは、試しに使うと言う感じだったので、ハードディスクを新品ではなくて手持ちのハードディスクを使いました。
前にサーバで使っていて、容量の大きなハードディスクに変えたときに取り外したWD(Western Digital)社の3TBのハードディスクです。
ですので、数年使っていたハードディスクです。
当初の目的は、Synology Photosを使ってGooglePhotosの代替えです。
スピード面などは圧倒的にGooglePhotosのほうが高速で高性能ですが、Synology Photosも結構便利に使えることがわかったので、活用しています。

ですが、先日、朝起きたら、DS220+が止まっていました。
勝手にシャットダウンされていました。
電源を入れたら動き出したので、ログを確認すると、ハードディスクの電源に問題が起きたためにシャットダウンしたとあります。
システムが起動して、ストレージ プールを検査してデータ維持を行うData scrubbingが起動しました。
ストレージプールの構成は、上記の3TBのハードディスクを2台使ってRAID1(ミラーリング)で構成されています。
RAID1は、(ものすごくざっくり言うと)2つのハードディスクに同じデータを書き込む機能です。
1台のハードディスクに問題が発生しても、もう1台のハードディスクにはデータが残るので、安全にデータを保存できる機能です。
反面、2台のハードディスクの内容が同じではないといけないので、片方だけが止まってまた動いた場合には、2台のハードディスクを同期させる処理が必要です。
ですので、RAID1の機能であっても、メーカーやプロダクツによって、スマートに高速に同期ができるものと、(さすがに最近はみないですが)同期にえらく時間がかかるものもあります。
奇しくも、DS220+の同期の性能を見ることに成りましたが、とても高速に同期処理が行われました。

その時は、何かの拍子にエラーが起きたのだ思って、それほど深刻には捉えませんでした。
ですが、翌日も同じようなことが起こりました。
また、同じように電源を入れると起動して、Data scrubbingが起動します。
ですが、その時以外は、普通に動いているのでハードディスクの寿命という発想がなかったので、なんだろうと思っていました。
もう少し様子を見ようと思い、そのまま運用していたら、また、数日してNASがシャットダウンされていました。
ログを確認すると同じエラーですが、なんと、違う方のハードディスクです。
RAIDを構成する、もう片方のハードディスクです。
暫定的に、システムに提示された解決策である、ハードディスクへの書き込みキャッシュをオフにしてみました。
そうしたら、その時以来シャットダウンされる現象は収まりましたが、ディスクが2つともなんらかのエラーが起きたということです。
続きは次回です。

mahalo
最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。


オンライン(Zoom・Line・携帯)、対面での個人セッションを承っております。料金は10分毎に1,500円です。お気軽にお問い合わせください!

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。 Please Click!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル
LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加