大学芋作りました

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

先日、すごく美味しいさつま芋をいただきました。
大学芋が食べたくなったのではじめて作ってみました。
一回目は、勝手がわからなくて少し失敗しましたが、二回目で、結構美味しく出来たのでその話を書きます。

最初、作り方を知らなかったのでインターネットで検索してみました。
そしたら、すごくたくさんレシピが出てきました。
大学芋、好きな人多いんですね!美味しいですよね。
出てきたレシピを見ていくと、一番ベーシックな作り方だと。
1.さつまいもをカラッと油で揚げます。
あるいは、たくさん油を使わないようにするために、時間短縮で電子レンジを使う方も多かったです。
2.お芋に絡めるソースは、お砂糖を使います。
お砂糖を使いたくない人は、みりんを使う方もいました。


僕は、できればマクロビオティックに作りたかったので、電子レンジとお砂糖は使いたくなかったです。
ですので、この間購入した、小さめの深胴のフライパンに少しだけ多めに、これもこの間、試しに購入してみたピーナッツオイルを入れました。
そこに、適当にざく切りにしたさつまいもの入れて炒めます。
さつまいもですが、火の通りを考えて、あまり大きくしないようにしました。
深胴のフライパンはこういうときに便利ですね。オイルが少なくてもよく絡みます。

最小は少し火を強めで炒めます。
少し表面に火が通った感じになったら、弱火にして蓋をして数分放置します。
時々、蓋をあけてかき混ぜて、火の通りを確認します。
なんとなく透明度が高くなるまで炒めます。

その間に、違う鍋に、みりんとメープルシロップを同量と、少しのお醤油を入れて、少し煮立たせます。
最初はみりんだけで作りましたが、ちょっとみりんの風味が強かったです。ですのでメープルシロップを混ぜてみました。
この辺は、使われているみりんの良し悪しもあるので、加減してみてくださいね。
ちなみに、僕は、普通にスーパーでで手に入る調味料を使っていますが、添加物かと余計なものが入ってないものを選んでいます。

ソースが煮立って、さつま芋に熱が通ったら混ぜますが、フライパンの底に油が残っているので、一旦、さつま芋を別のところに移して、余計な油を処理して(僕は紙に吸わせました)から、さつま芋を戻してソースに絡めて黒ごまを入れて、少しだけ炒めて出来上がります。
自分で言うのもなんですが、美味しかったです。
良かったら作ってみてくださいね!

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加