老化を考える 自分なりの対策

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

前回からの続きです。
経済的な環境にも左右されます。
身体に良くない、老化を進める食材は、非常に安価で簡単に手に入ります。
スーパーマーケットなどで手に入る、簡単に食べられる食材は、食品添加物が含まれているものが多くて、含まれていないものを探すことのほうが困難です。
安くて簡単に食べられるものを消費者が求めるから、どうしてもそういう食品が多くなってしまいます。
体に良いと言われている食材は、こだわろうと思えば高価なものもありますが、そんなことをしなくとも、食品添加物や化学調味料、糖質など身体に良くない食材を食べないようにして、調味料などを天然なものにこだわれば、実際にはそんなにお金をかけなくても可能です。
それよりも、そういう商品を見つけることが大変です。
労力と知ろうとする努力や時間も必要になります。
ちょっと、脇道にそれてしまいました...

個人的に、自分の老化を意識させられたことは、まず視力です。
もともと近眼と乱視でしたが、そこに老眼も加わって...近いところも遠いところも見えないです。(笑
ただ、メガネを外して裸眼だと近いところは見えるから、まだ老眼鏡は使わないで済んでいます。
余談ですが、僕がIT系をはじめたのは20代後半です。
そのころから雑誌などでライターをしている方も、昔は画面の字がよく見えたけど、最近は見えないからフォントサイズが大きくないと辛いとか...みんな、イケイケでガツガツしていた人も歳をとります。

また、動体視力や反射神経も衰えると思います。
車の運転なども、信号のない交差点は、若い頃よりも慎重に何度も確認してから出るようになりました。
急な動作をしなくなったと思います。

ですが、一番、個人的にギャップを感じているのが、瞬間的に認識できる情報量が減ったことです。
メールなどを見て、瞬間的に把握していた情報量が変わってしまって、取りこぼすことがあります。
もちろん、注意してじっくり読めばよいのですが、どうしても以前と同じ感覚で見てしまいます。
意識をして見れば良いのですが、無意識的には、以前のままです。
まだ、変わってしまった感覚になれていないんだと思います。
ですので、なにかメールを声を出して読んでみるとか、何かメソッド的に強制的に馴染ませていかないといけないのかもしれません。

身体と同じように、脳も衰えると思います。
スピード感がなくなるのかもしれません。
ですが、身体と同じように、日頃から使うことで、老化のスピードは遅くすることは可能です。
何かを考えようとして、何かを覚えようとして苦しくなることは、きっと、走って苦しくなったり、腕立て伏せや腹筋をやって苦しくなることと同じだと思います。
ですので、そういうときでも思考を続けることが大切だと思います。
ある意味、エクササイズです。
普段から身体を使わない人が、身体を使おうとすると、すごく苦しいです。
短い距離を歩くだけでも、苦しかったりします。
脳も同じです。
ですので、日頃から、何かを考える、疑問を持つ、好奇心を持つ、調べてみる、思考してみる。
そんなことが大切だと思います。
老いるということは自然のことです。上手に受け止めることが大切だと思います。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加