何でも鑑定団と古文書

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。 Please Click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

リモート鑑定受付中です。お気軽にお問い合わせ下さい!


イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

前回からの続きです。
お蕎麦ですが、やっぱり量が多かったです。(笑
若い人向けでの量ですね。
女子高生がオーダーしたカレーとかみると、ご飯の盛りすごいです!!
でも、なんだか、良いですね。
なにか、若い人が集まるところって独特のエネルギーがあります。
みなさん、これからの世界を作っていく子たちですね。
お蕎麦、美味しかったです!ちょっとしょっぱかったけどね。(笑

講座の行われる、セミナーハウスに移動します。
受付を済ませて、講堂に入ります。
後ろが高くなっていく作りです。学校はこういう作り多いんですね。
受講される方は、年齢層が高い方が多いです。60歳代から70歳代の方がほとんどです。
男性が多かったです。
なんとなく会話の内容から、近所の方も多そうでした。

講座が始まりました。
最近は僕がテレビを観ないので、有名な人でも知らなかったりするけど、増田孝先生(教授)は「何でも鑑定団」で見たことがあります。
とても柔らかい声の先生です。
今回の講座の題材は、古文書の読み方です。
柳生一族、柳生宗矩が江戸時代初期の大徳寺僧、沢庵宗彭に宛てた手紙です。
手紙の内容はお茶のツボに関するお話だそうです。
解読するのはとても難しいですが、何でも鑑定団のネタを入れつつ、わかりやすくお話をしてくださいます。
何でも鑑定団では、事前には情報や写真が来るけれども、お宝の現物はスタジオまで見れないそうです。
贋作の鑑定も、使われている紙などの時代ごとの検証など、(当たり前ですが)いろんな知識が必要なことをお話してくださいました。

肝心の手紙ですが、全然何書いてあるのかわかりません。(笑
先生が解説してくださいます。
昔は、現代とは書き方が違ったそうです。
尚尚(なおなお)書きといって、付け足しが書かれること。
返し書きといって、その尚々書が、空いてるところだったらどこでも良いらしく、文頭に来ていることもあるそうです。
昔は、男性でも「かしこ」って使ったこと。
ひらがなとカタカナも同じ扱いで混じっていたこと。
女性は仮名で書いて、男性は漢字を混ぜて書いたこと。
漢字は当て字でも良かったこと。なので音が合っていれば良かったそうです。
漢文の名残で、読み方が戻ったりすること。
墨引きと言って、縦に線を引いて、〆の意味があること。
全然知らないことばかりです。
とても勉強になりました。
とても楽しかったです。
続きは次回です。

mahalo
最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。

リモート(Zoom・Line・携帯)、対面での個人セッションを承っております。料金は10分毎に1,500円です。
お気軽にお問い合わせください!


お問い合わせだけでも大丈夫です。

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。 Please Click!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル
LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加