ふじさんミュージアム ダイジャボッチャと木花咲耶

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

前回からの続きです。
吉田うどんを食べた後に、近くにある「ふじさんミュージアム」に行きました。
北口本宮冨士浅間神社さんに参拝させていただいたときに、参道で行われていたフリーマーケットに出店されていて、割引券を頂いていました。
ふじさんミュージアムは富士吉田市によって運営されているふじさんミュージアム博物館で、富士山関係の展示がたくさんあります。
うかがったときは閉鎖中でしたが、御師住宅など附属施設もあり充実しています。

ふじさんミュージアム、とても気持ちの良い庭の中にあります。
COVID-19(コロナウイルス)の影響で、入るときには検温と消毒が必要です。
建物に入ると、ロビーにはミニ富士塚もあります。
展示内容も充実しています。
富士山信仰の話や富士講の話など、ものすごくたくさんの資料があり、わかりやすく展示されています。
映像も豊富で、とても勉強になりました。
時間があれば、ずっと居たいぐらいです。

自分で、物語を見ることも出来ます。
ダイジャボッチャのお話と、木花咲耶のお話を見てきました。
ダイジャボッチャは、日本各地にある「だいだらぼっち」「だいだらぼう」のことです。
富士山も、巨人によって作られたというお話です。

巨人伝説は、世界各地に伝わっています。
国産みの物語の中で、最初の神々は国の土地をつくるお話も多いです。
日本でも、イザナギ様とイザナミ様が、国土を作っていきました。
ハワイ神話でも、パパとワケアが島を生みます。
ギリシャ神話でも、ウラノスとガイアがタイタン族を生みます。
最初の神様はものすごく大きいという考え方です。
巨人族、そしてその巨人族が、土地を作っていく。
これは、何を意味するのでしょうか。なんのメタファーなのでしょうか。
とても興味深いです。

木花咲耶のお話は、聞くたびに、なんとなく不思議な気持ちになります。
お姉さんの石長比売(いわながひめ)と一緒に邇邇藝命のところに嫁ぎますが、石長比売はブサイクだったので...返されちゃいます。
石長比売は長寿のシンボルだから、その後、みんな短命になったというストーリーと絡んでいるのだと思いますが、現代だとセクハラとパワハラのセットみたいなストーリーなので...その後に、物語が淡々と進みますが、「今の流すのか」って言いたくなります。(笑
まあ、それを言ったら、どこの国の神話も、「ひとでなし」だらけ(笑)で、つっこみどころたくさんありますが。

人は、時代が進んでも、本質はそんない変わっていないのだと思います。
自然の驚異に対して、畏怖の念をもって、その畏怖の念から信仰が生まれたり、いろんな物語が紡がれていきます。
そして、それが根付いていって、いろんな形で日常に結びついて、ある意味普通になっていきます。
富士山信仰は、いろんな形で息づいているんですね。
なんだか、そんなことをあらためて感じました。
ミュージアムショップにもいろんなアイテムがあります。
学術的な本もあります。
ふじさんミュージアム、ものすごく面白いです。おすすめです。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加