プレゼンテーションのノウハウ 事前準備

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

プレゼンテーションのノウハウの前回からの続きです。
一口に、講義やプレゼンテーションと言っても、趣旨によってポイントが少し変わってくると思います。
今回みたいに、自分が話したいことを好きに話す場合、主題が自分で決められます。
何かテーマをいただいて、自分なりに調べて発表する場合もあります。
あるいは、企業向けのIT研修のお仕事では、カリキュラムやテキストが決まっています。
一つのポイントとしては、主題はそれぞれだと思いますが、まず、何を話したいのかを明確にすることです。
そして、話したいことを順序立てていくことです。

ちなみに、企業様での研修など話す内容が決まっている時は、事前準備が本当に大変です。
カリキュラムやテキストの内容で講義を行えるように、内容を自分のものにする作業から始めます。
テキストを熟読します。すべてを、自分なりに噛み砕いて説明できるように、細かいことも調べます。
また、質問が飛んできても答えられるように、周辺の基礎知識も勉強します。
講義のシミュレーションを行って、しゃべる時間の調整をしたり下準備を行います。
それぐらい準備をして組み立てないと、順序立てて話せなかったり、何を話して良いのかわからなくなってしまったりします。
それだけ、話す内容を明確にすることは大切です。
自分が話したいことを話す場合でも、同様だと思います。

ここからは、自分が話したいことを話す場合を前提に書きます。
自分が話したい内容は、きっと、元々自分の中に材料はあります。
ですが、最初は漠然としていて、それが整理されていなかったり、まとまってはいないことが多いです。
ですので、最初に、それを明確化していきます。
主題を絞ります。
ポイントとしては、言いたいことがシンプルにしていきます。
たくさん盛り込んでしまうと、話が複雑になってしまって、自分自身でも何を話しているのかわからなくなります。

その内容に沿って、話す順番などのストーリーを組み立てていきます。
本番では、ストーリーは、前後しちゃってっも、忘れたり、抜かしてしまっても大丈です。
それでも、大体の把握を行うために、組み立てましょう。
僕も、話しているうちに、話そうと思っていることを忘れてしまうことがあります。
ですので、話したいことを箇条書きにして、メモをすると良いと思います。
そうやって整理をしていくと、自分で話したいことが見えてきます。
続きは次回です。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加