ネガティブな言葉を伝えるとき

イベント出展情報
  • 2020年9月25日  11:00 AM - 1:00 PM

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

カウンセリングを行っていると、ネガティブな情報を伝えなければならないときもあります。
ある意味、一番神経を使うし、一番慎重にならないとタイミングです。
人は、言葉やイメージに捕らわれてしまうことがあります。
アンカリングとも呼ばれる状態です。
ある言葉やイメージに「投錨」されてしまう状態です。

囚われてしまうと、そこが気になってしまって、その先の言葉が心に入らなくなります。
また、誰だってネガティブな情報を聞くときは、嬉しくはないと思います。
心構えが必要なときもあります。
また、ネガティブな情報に囚われてしまうと、そこを基準に考えてしまうこともあります。
よく聞く言葉として、「〇〇の先生に良くないって言われた」とかがあります。

視野が狭くなってしまって、それ以降に、その言葉を中心に考え方を組み立ててしまう人もいます。
思い込んでしまうと、他の言葉を伝えることが難しくなります。
カウンセリングや占いなどは、悩んでいるときに行くことが多いです。
ある意味、心が弱っている状態です。
なので、そういうときは自分自身や自分自身の考えに自信を持てないときが多いです。
誰かに頼りたい状態です。
そのときに、入ってくる言葉は大きいと思います。
もしかすると、潜在意識に働きかえる状態ってこういうことを表すのかもしれないです。
意図するかどうかは別ですが、ある意味のマインドコントロール状態なのかもしれないです。

なので、伝える言葉に責任を持つことはとても大切だと思います。
相手の今の状況や、心の状態などをよく見て、伝え方を考えないといけないです。
僕自身は、自分の施術はカウンセリングを主体に組み立てています。
相手の「気付き」を促すことを目標にしています。
なので、相手が何を気づくことで良い方向に行くのかを考えてお伝えするようにしています。
せっかく来てくださったので、来るときよりも少しでも元気になってほしいと思っています。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加