コロナウィルスが浮き彫りにしたこと

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

多くの件で、非常事態宣言が解除になり、首都圏も解除の出口が見えてきています。
人通りにが回復したところもあるようです。
もちろん、三密を守ったり、ソーシャル・ディスタンスを守る必要はあるけれど、みなさん、控えていたところに出かけられるようになったりします。
行きたかったお店が開いていたりもします。
また、お店側も、やっと再開できて、また営業を始めることが出来てホッとされている方も多いと思います。

反面、たくさんのお店が閉店を余儀なくされているという話もSNSなどで見かけます。
高齢のご夫婦で営まれていて後継者もいない中でのコロナウィルス騒動で締める決心をされたり、経営的に立ち行かない状況に追い込まれたり。
新しい生活様式に合わせて営業するととても経営していけないなど、理由は様々ですが、みなさん、本当に苦渋の決断だと思います。
企業でも、廃業されたり、倒産されるところも多いです。なんとも言えない切ない気持ちになります。

個人的な思いですが、収束された雰囲気も出ていますが、COVID-19(コロナウィルス)は無くならないと思います。
風邪もインフルエンザも、結局は毎年やってきます。
毎年、死者で出ていても、たんに慣れているから騒がないだけです。
コロナウィルスも同じようになるんだと思います。
メディアで取り上げなくなると、起きていないことと同じになってしまいます。
今までのも、震災の後で被災地の状況があまり改善しなくても、報道されなくなるとみんな関心を失って、起きてなかったことと同じになります。
だから、メディアが騒がなくなったら、今と同じ数の患者数や死者数であっても、きっと、みんな無関心になります。
そんな感じで、日常に埋没すると思います。

今回の騒動で、追い詰められたときの人の本質みたいなものが垣間見えた気がしました(政治の話は除きます。それだけですごいボリュームになるので)。
感染のリスクを減らすために、真剣に自分の生活を見直す人もいました。
観光地などで、自分たちは自粛してたのに、他県からものすごくたくさんの人が来て生活が混乱されて社会問題になった方もいました。
ですが、反面、対策が行き過ぎてしまったり、中には便乗して自粛をしない人を脅したり、県外の人を脅したり、罹患した人を脅したりする人もいたりしました。
医療従事者や、人と接する仕事など、多くの人のために頑張っている人を差別する人も出てきたりしました。

根底には、恐怖があると思いますが、なにか人間の負の側面、醜い側面も垣間見えたと思います。
また、同調圧力的に、同じ行動を取らない人をバッシングしたり、自分の正義を振りかざす人が本当に多いんだなと思いました。
歴史の中で語られる、戦時中の「非国民」と言う言葉や、他の民族に対するいじめ虐待など、過去の話だと思ったことが、目の前で行われた気がしました。
結局は、人は何一つ進化してないのかもしれません。
いじめが無くならない理由が見えたと思います。

人に優しくすることは、本当は、とても難しことなのかもしれません。
心に余裕があるときは、このようにありたいという自分の理想を掲げられても、自分が追い詰められて余裕がなくなると、なりふり構っていられなくなるのかもしれません。
日頃から、どういう生き方をするかという覚悟ができているかどうかで変わってくると思います。
ですが、そういうことも、土壇場になって初めてわかることかもしれません。
それでも、いろんな学んでいかないといけないと思います。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加