マナカード 2021年元旦

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。Please Click!

ブログランキング・にほんブログ村へ
イベント出展情報

ALOHA!
あけましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願いします。

COVID-19で落ち着かない中で迎えた2021年です。
みなさま、どう過ごされていますか。
スピリチュアルの世界では、風の時代がはじまったと言われています。
毎年、初詣で賑わう寺社も、コロナ対策のために、いろいろな制限があったりして、おとなしい感じですね。
それでも、日々は動いて月日は巡り、季節も移り変わってきます。
そして、そんな中でも人の営みは続いていきます。

今年も、たくさんの何かが起きると思います。
生きているということは、何かを経験することだと思います。
その経験には、受け入れやすいこともあるけど、大変なこともあるかもしれないです。
それは、みんな同じだと思います。
そんな中で、同じ時代を生きる中で、なにか心が動くことを、今年も共有させてください。

みなさまにとって、とても素敵な一年であることを、心から願っています。
OHANAのみなさんにたくさんのアロハを。
「2021年」をテーマにマナカードを引きました。

33.
WA’A
ワア
(カヌー)
移動

古代のポリネシアではカヌーを使って海を縦横無尽に航海していました。
ハワイアンも、カヌーに乗って、カヒキ(タヒチ)から渡ってきたと言われてます。
別の説では、カヒキはプレアデス星団を意味するとも言われてます。

ポリネシアの人たちが大海原をカヌーで航海していた時代は、羅針盤や、もちろんGPSもありません。
ウェイファインディングと言う、星や風、太陽、鳥、ありとあらゆる自然現象と人間の持っている本能を頼りに、太平洋を航海してました。
高度な天文学と航海術の知識を持っていました。
最近では、ディズニー映画の「モアナと海の伝説」でも紹介されたので、ご存じの方も多いと思います。

ハワイでは、この航海技術は一度失われました。
ですが、ミクロネシアに受け継がれた航海術を学び、1976年にホクレア号によるハワイ・タヒチ間の航海が行われました。
そして、2007年には、2001年のハワイ沖でのえひめ丸事故により亡くなられた人たちの「魂」をハワイから乗せて宇和島にも来ました。
カヌーはハワイの人にとってとても特別なものです。

広大な太平洋の中で、何日も何日も陸地も見えない中。
ましてや、快晴の日だけじゃなくて、荒れたり嵐の日もあります。
不安だっリ、恐怖に打ちひしがれるときもあると思います。
でも、心や物理的な自由を求めて、希望をもって進んでいったのかもしれません。

自分自身で選択をして進むこと。
とても自由だけど、自分でいろいろなことを引き受けていかないといけないです。
決意だったり、覚悟だったり、決心だったり。
でも、そこまで、強い思いを持てないときもあると思います。
悩むとき、躊躇するとき。
そんな、いろんな思いを抱える中で、それでも、少しずつでも進んでいくんだと思います。

きっと、その先には、見たことのない素晴らしいことがあると思います。
自分で舵を切って、自分で道を見つけて、進んでいきましょう。
絶対に、良いことがきます。
今年も、素敵な一年を。
今年も、どうぞよろしくお願いします。

mahalo
最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。


占いやカウンセリングを通して、メッセージをお伝えしていきます。

個人セッションは、携帯電話、LINE、Zoomで30分間6000円(延長10分間2000円)です。

お気軽にお問い合わせ下さい!
LINE公式アカウントです。気軽に登録してください!
LINE公式アカウント
良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。Please Click!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

, , , , , , , ,

マナカードリーディング 2021/1/1

HOME


マナカードについて
マナカードは、ハワイの神話や物語をベースに作られたカードです。
ハワイ大学ヒロ校コミュニケーション学科で助教授をされている「キャサリン・ベッカー」さんがインスピレーションを得て作りました。
カードは全部で44枚があります。 ハワイでは4が神聖な数字です。 古典フラ(フラカヒコ)も4拍子です。 44枚の内の5枚は上下の出方で意味が変わります。

図柄は、とても美しくて優しい感じで、どこか素朴です。
カードには、主の図柄の他に、お花や鳥や波や海や星や溶岩など自然現象がたくさん描かれています。
そして、描かれているお花にもたくさんの物語が隠れていたりします。
裏面には神聖で大切な植物であり食べ物、神様が人間の兄弟として創った「タロイモ」の葉が書かれています。
古代ハワイアンは文字を持たなかったために、チャンター(語り部)が言葉で語り継ぎました。
「クムリポ」というハワイの創世神話など、ものすごく長い物語を何世代にもわたってか語り継ぎました。
古代ハワイアンは多神教なので、日本の神話にも類似点があります。
個々のエピソードでもどこか似ている話があり、環太平洋の文化として研究されている方もいます。

ハワイの神様もとても個性的で、時にはとても人間臭いです。
ハワイアンは自然と共に生きて、自然をリスペクトしています。
そのために自然を表す言葉がたくさんあります。
雨や風を表す言葉だけでも数百あるとも言われてます。
激しく降る雨や、丘に優しく降る雨、どこかの土地に降る雨や吹く風によって名前が違います。
マナカードは、そんなハワイの英知が詰まったメッセージを届けるカードです。