ギターの改造

イベント出展情報
  • 2020年9月25日  11:00 AM - 1:00 PM

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

前回からの続きです。
新しいギターですが、結局いくつか気になっている部分に手を入れました。
大きく分類すると2つの部分です。
一つは、ボリュームとトーンのところです。
もうひとつは、ヘッダ周りです。

ボリュームとトーンのところですが、トーンボタンがきっちりはまっていない、ボリュームとトーンの数値の位置がズレている、ボリュームもトーンも、回したときの変化が途中から変わったりと不自然である。
ですので、ボリュームとトーンのノブを新しく購入して取り替えることと、ポッドも新しく購入して取り替えること。
が作業になります。

今まで、ポッドの交換をしたことがないので調べたら、いくつか種類があることがわかりました。
変化のカーブの違いと、オーム数の違いです。
シングルコイルのピックアップに合う250kΩタイプでAタイプのカーブのものを選びました。
また、ノブを付けるのにインチ規格とセンチ規格があります。
ここで大失敗しました。
間違えてポットをセンチ規格でノブをインチ規格を買ってしまって、買い直しました...
とても苦手な、はんだ付け作業をなんとかこなして取り付けました。
音が出たときは、嬉しかったです。

ヘッドまわりは、パクリギブソンのロゴをなんとかすることと、ずれいてるトラスロッドカバーをなんとかすること。
後ろ面の、意味不明のシリアルナンバーと、バリバリの中国製なのに彫られている、「MADE IN U.S.A」を消すことです。
ロゴは削って再塗装は、大変なのでカッティングシートを買って貼り付けました。
後ろ面もカッティングシートでごまかします。
表面は黒で良いのですが、裏面の赤はおそらく色が合うものがないので黒でごまかしました。
カッティングシートは伸縮性もあってすぐれものなので、なんとか目立たなく出来ました。
トラスロッドカバーも黒一色のものを買って、ネジ穴をドリルで開けて取り付けました。

ペグも外す必要があったので、ついでにペグも取り替えました。
穴が合わなくて、ドリルで穴を大きくしました。
結構、大きな作業になりましたが、結構良い感じにまとめることが出来ました。
もう少し使ってみて、問題があれば直して行こうと思います。
ギターの改造、面白いですね。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加