直感について その2

ALOHA!
今日もお天気ですね!
秋晴れが続いてます
少しずつ、色づいた葉が目立ち始めてますね

今日も、みなさんが笑顔になれますように

直感について書いてみます
2回目です

「直感は間違わない、間違うのは解釈だ」

自分の中では、この言葉が、全てにおいて基本になってます

直感ってなんでしょうか?

WP_20151022_014

僕は、特別なものではなく、人間には普通に備わっているものだと思います
言い換えてしまうと、スピリチャルな領域でもないと思ってます

例えば、初対面の人に対して、この人は良い感じがするとか
なんか、違和感があるとか
なんとなく好きとか、ちょっと嫌とか
感じることがあると思います

後は、友達が、なんか今日は雰囲気が違うとか
少し様子がおかしいとか

ここの場所は、良い感じがするとか
嫌な雰囲気を感じるとか

何か、感じることがあるときがあると思います
それが「直感」です

感覚的なベルのようなものかもしれません

でも、なぜ、そうなのかって理由を考えると、わからなくなってしまいます

WP_20151022_026

この人は、良い感じがするということも

そのままの良い感じの場合もあるし、笑顔が素敵!、笑って迎えてくれた、誰かに似てる?、イケメン、などの主観的な印象や
面接に行った会社の人、新しい所属先の上司、新人の可愛い子、などの立場や利害関係によってや
あるいは、その日の自分の気分が反映したり
あるいは、記憶や、何かのメディアでみた映像にオーバーラップしたりなど

なぜ良い感じがするのかを考えると、判断する本人の主観によって変わってきてしまいます

また、悪い感じがしても、すごいイケメンや好みのタイプだったり、可愛い子だったりすると、悪い印象を引っ込めて、好印象が表に出るように、人は自分を操作します

また、利害がかかわってくると、また、複雑になります
例えば、転職先を探すときに、条件が良いけど嫌な感じするところと、条件はそんなでもないけど好印象のところ、どちらを選びますか?
心と頭が、違う答えを出すときがあります

でも、心の中をよく探ってみると、何かの違和感をもっていたりします

つまり、直感はベルのようなものなので、「何か」を知らせてますが、その「何か」は、自分の主観によって、いくらでも解釈ができます

これが、
「直感は間違わない、間違うのは解釈だ」
という意味です

WP_20151022_024

ただ、ここで大切なのは、「何か」を感じることを大切にするということです
この「何か」は、決して裏切りません
必ず、「何か」があります

続きは次回です

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。