ハワイ島行き準備 国際運転免許証やレンタカー

イベント出展情報
  • 2020年9月25日  11:00 AM - 1:00 PM

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

前回からの続きです。
車の運転について
車を運転される方は、必須ではないのですが、国際運転免許証の取得を検討してみても良いと思います。
日本の免許証があればレンタカーを借りることができるので運転は可能です。
レンタカーの手続きでもとくて提示は求められません。
何もない場合には問題はないですが、事故やトラブルが起きたときにあったほうが良いと言われています。
現地のポリスによって対応が違うみたいですが。
幸いにも、僕も今まで、提示を求められたことは無いです。

国際運転免許証は、近くの運転免許センターで取得することができます。
その際には、日本の免許証、写真、パスポートといつ旅行に行くのかも聞かれます。
写真は、パスポートの写真を撮るときに一緒に作っておくと良いと思います。
そうすれば手間のないです。
手数料ですが、僕のうちの近くの、流山免許センターでは、2,350円でした。
詳細情報はこちらのリンクです。
また、国際運転免許証の期限は1年間です。
期間が過ぎたら返却に行かないと行けないです。
もし、忘れてしまったら、次回渡航されて取得が必要なときに古い国際運転免許証を持っていけば大丈夫です。

レンタカーは、日本でインターネットで予約していったほうが楽です。
ハワイ(アメリカ)のレンタカー会社でも大手であれば、日本語で予約できるサイトがあります。
現地では、日本が出来るスタッフがいる営業所といない営業所があります。
ホノルル空港など、大きなところでは日本が出来るスタッフがいるところも多いそうです。
ニッポンレンタカー(米国のナショナルカーレンタル社との提携)、Dallor(ダラー)、Alamo(アラモ)、Hertz(ハーツ)などが有名です。
価格は、プランによって違いますが、そんなに大きな差はないと思います。
パッケージツアーのオプションや、お使いのクレジットカードとの提携で割引プランもありますので、ホームページをチェックしましょう。

あくまでも初心者向きに書きます。
プランによって付いているオプションが違います。
保険などもいろいろ付いているおすすめプランやフルパッケージをお勧めします。
ガソリンを入れて返さなくて良いプランもあります。
目一杯遊んで、ガソリンを入れないとって焦らなくても良いので、若干割高ですが、お勧めです。
また、カーナビゲーションは、オプションで追加したほうが良いと思います。
以前にハワイ島に行ったときの経験ですが(今は違うかもしれません)場所によっては、電波が飛んでいないのでGoogleの地図が使えない場合もあります。
カーナビは、現地で別契約の場合もあります。

注意点です。ただ、僕の個人的な経験です。違うタイプのものもあるかもしれません。
カーナビは、取り外してできるタイプのものです。
なので、駐車場とかでは盗まれないようにダッシュボードにしまうことをお勧めする人もいます。
また、日本のカーナビよりソフトウェアがシンプルです。
なので、住所を入れないと使えません。施設名だとダメです。
もし、ビーチに行く場合には、ビーチの住所や、近くのお店など住所のわかるもので調べておいたほうが慌てないです。
他には、契約者の他に運転する人がいる場合には、オプションで追加が必要になります。
それと、重要なことですが、日本と違ってハワイでは、整備されていない道もあるので、場所によっては保険が使えない道があります。
そういう場合には、サービスを行っているツアーに参加するほうが安全です。
続きは次回です。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加