節分

イベント出展情報
  • 2020年9月25日  11:00 AM - 1:00 PM

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

先日は、節分でした。豆まきを行いました。
みなさんは、どんな節分を過ごされましたか。
節分の豆まきを行ったり、恵方巻を食べた方も多かったのではないでしょうか。
忙しくて、それどころじゃなかった方もおられると思います。
僕も忙しくて何もできない年も多いです。だから、節分の行事が出来ると嬉しいです。

節分という言葉には季節を分けると言う意味があり、立春の前の日が節分なのだそうです。
地域によっても違いがあるけど、僕の住んでいるあたりでは「鬼は外、福は内」といって豆をまいて、年齢の分だけ豆を食べます。
豆は炒った大豆です。
恵方巻きは、大人になってから広まってた習慣です。子供の頃はなかったです。

普通に、自分が子供のころから親しんできた行事も、大人になって意味を知ると、違った視点で見ることができます。
うちの母親の世代だと、豆まきは男が行うものと言われていたそうです。
だけど、現代社会は昔と環境が違うから、そんなことも言ってられない時代だと思います。
今は、だいぶ減りましたが、昔は、神事を司だる所などで、女人禁制の場所ってたくさんありました。その名残なのかもしれません。
民族的な因習なのか宗教的な思想なのか古くからの慣習なのか諸説出てくると思いますが、男系とか女系とかの区別や、どこか男女平等やダイバーシティとは違う概念が、未だに残っているところもあります。
自分のアイデンティティをどこに置くかは個人の自由ですが、平等とか公平の概念も大切です。

最近では、「鬼は外」を言わないで「福は内」だけの人も増えいているみたいです。
鬼の定義は、諸説あります。
古事記や日本書紀にかかれていることを視点を変えてみると、国づくりのために各地の民族・集団を平定していった物語です。
その際に、平和裏にことが進んだ民族もあれば、闘った民族もあったと思います。
反乱的な民族が鬼とされたとの話もあります。
仏教的な思想や、民間信仰、神道的な思想の中でも、いろんな定義があります。
悪いものを定義する言葉としての鬼もありますが、異質なもの異型なものも鬼と表現されます。
そんないろんなことが一緒くたに鬼の概念って出来上がっているんだと思います。
鬼が神様である地域では、「鬼は内」という言う掛け声もあるそうです。

節分を、無事を願う神事として考えると、楽しむのが良いのかもしれないです。
楽しんで、優しい気持ちになって、福の神様が来ますようにって思うのが一番かもしれないです。
きっと、たくさんの素敵なことが訪れますよ!

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加