自己責任論と同調圧力

イベント出展情報
  • 2020年9月25日  11:00 AM - 1:00 PM

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

なにかの事象が起きて、SNSでニュースになったときに自己責任論が持ち上がることがあります。
最近では、COVID-19(コロナウィルス)の影響で、どこかにでかけて感染した人を自己責任論で責める人も多いです。
今のこの状況で、感染しやすい人が集まる場所や、海外への渡航などで感染した場合には、思い切り叩かれたりします。
もし、自分がCOVID-19に対して疲れるぐらい用心をしているのに対して、大した用心をしないで罹患する方を知ったら、「言わんこっちゃない」と思う気持ちも理解できます。
また、明らかに、「そこはまずいでしょう」と言う状況もあると思います。

ですが、聖火の見物で5万人の人が集まっても、対してなにも言われません。
相変わらずの満員電車で通勤している人も多いです。
それに対して、満員電車会話が無いから感染リスクが無いって言っているお医者様もいるそうです。
ですが、普段言われている濃厚接触のリスクはどう考えも高いと思います。

なんで、こんな話をするかと言うと、自己責任論ってとても怖い側面があります。
そういう叩く状況を作られたときに、右向け右の集団リンチみたいに大勢の人が叩きます。
それで、揃いも揃って自己責任論を振りかざします。
ですが、聖火の見物や満員電車は叩かれません。
そういう論調を指揮する人がいないからです。
大きなものじゃなくて、身近でわかりやすい対象に視点が行くように情報や論調が操作されています。
こうして書くと、陰謀論のように聞こえますが、僕の言うことは、信じなくても構わないので、ご自身で情報の動きを観察して直感や理性で判断してみてください。

明らかに、叩ける状況が作られて、そこで「自分は正しくてきちんとしている側」から「できの悪い人」を叩いていることも多いです。
一つ一つを取ると、正論であったります。
ですが、一つ間違えると、とても安易な正義になります。
すごく皮肉な言い方ですが、芸能人の不倫ネタなみに日頃の溜飲を下げている人もいると思います。
また、教え込まれた正しい価値観、「自分たちは頭が良くて常識的で正しい側」から「常識がなくて頭の悪い人」側を叩いている人もいます。

こういう書き方をすると誤解されるかもしれないですが、言われる方の落ち度は論点にしていません。
悪意があったり、あまりにも多くの人に迷惑をかけたりと、言われてもしょうがない状況もあります。
叩き方や、気が付かないうちに、国や政府みたいな大きいことじゃなくて小さいこと目が向くようになっていることを論点にしています。
特に、日本人は同調圧力が強いと言われています。
自分の正義を振りかざすときは、振りかざす相手と振りかざし方を考えることが大切だと思います。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加