神社の気について 気ってなんだろう

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。 Please Click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

リモート鑑定受付中です。お気軽にお問い合わせ下さい!


イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

今日は、少しスピリチュアルなお話です。
よく神社などで、”気”という表現をすることが多いです。
”氣”という字を使う人もいます。
僕自身も、”気を感じる”という表現をよく使います。

意識してみると、身の回りで”気”という文字を使っているものはたくさんあります。
大気、空気など気体の状態の表す表現でも使います。
元気、病気など体の状態を示す表現でも使います。
気質や気力など、エネルギーの状態を表す場合もあります。
気という言葉は、見えないければ、存在するなにかを表すときに使います。
あるいは、見えないけれども感じることができるものかもしれません。

神社の気を感じることは、なんだかスピリチュアルな響きがありますが、場所の気を感じることは、特にスピリチュアルとか関係なしにもっと日常的なことだと思います。
神社と限定がついてしまうと、特にスピリチュアルなイメージが付くのだと思います。
気は目には見えません。そんな見えない気ですが、普通に五感で感じられると思います。
その場所の見た目、音、匂いや空気感など、普通に感じられると思います。
そして、感じるということは、とても主観的なことです。
その日の天気や、朝昼夜などの時間にも影響されると思います。
人の多さや少なさ、そういうことでも感じ方が変わってきます。
同じ場所であっても、人が少なくて清々しい朝と、人が多い日中と、人のいない夜間では、まったく雰囲気が違うと思います。

また、その場所がどんな場所であるかという情報でも左右されると思います。
さんさんと明るい陽が降り注ぐ場所であっても、例えば、昔にはそこが墓地や刑場であったとの情報を知っていたりすると、どこか薄暗く感じたりもします。
ですが、それを知らないと、気がつかなかったり、気にならなかったりもします。
そして、人によって価値観も違うから、気にする人によっては、とても大きな要因になるし、気にならない人にとっては、意識しない要素にもなります。
気を感じるということは、本当にとても主観的なことなんだと思います。
たとえ同じ場所であっても、その人その人の感受性の要素が大きいです。
続きは次回です。

mahalo
最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。

リモート(Zoom・Line・携帯)、対面での個人セッションを承っております。料金は10分毎に1,500円です。
お気軽にお問い合わせください!


お問い合わせだけでも大丈夫です。

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。 Please Click!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル
LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加