ITの仕事とスピリチュアル

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

僕は、IT系の仕事とスピリチュアル系の仕事を行っています。
とは言え、両方のバランスが良いかと言うとそうでもなくて、ITの仕事が忙しいときには、ITばかりになります。
僕が受けているITの仕事は、プログラム開発や、システムの構築、研修講師が主になります。
そのために、請け負いであったり、契約した期間は連続で仕事をしないといけないので、どうしてもそれに引きずられる形です。
その期間でも、イベントには出展させていただいたり、個人的なセッションもお受けしています。
ですが、時間的には、どうしても少なくなります。

よくスピリチュアル系の人は、IT系が苦手と言われています。
エネルギーの体質によっては、IT系の機器を壊す人もいるみたいです。
時々、スピリチュアル系の方に対してのIT系の相談に乗ったり、講習会を行いますが、やっぱり苦手な方は多いという実感です。
僕自身は、なぜか得意です(笑)。ですが、好きでないです。得意なだけです。
ブログの自己紹介欄でも書いているけど、音楽で挫折して捨て鉢になっていた時に、直感的にPCを触れることがわかりました。
その後、自分で学んで、今に至っています。

IT系の仕事をしているとは、仕事の内容によってスピリチュアル系の感覚が麻痺します。
例外的にスピリチュアルな感覚が役立つのは、プログラム開発を行っているときです。
それも、開発初期のロジックを構築するときは、スピリチュアル的な不思議なガイドがあり、インスピレーションを導いてもらえます。
プログラミングのその部分は、とてもクリエイティブな内容です。
アーティストの方と同じように、ひらめきや発想が大切な(ステレオタイプに表現ですが)右脳型の仕事です。
そういうときは、スピリチュアルな能力が生きてきます。
ですが、お客様対応やトラブルシューティング、テストやデバッグ作業のときなど、人間系の作業が増えてくると、プレッシャーが原因ですが、ストレスと不安ばかりになってしまって完全に麻痺してしまいます。
思考方法も変わってしまって、スピリチャル的に何かを捉えることができなくなります。

スピリチュアルなセッションを行えるときは、精神的にそこに集中できる時です。
ですので、IT系の仕事で不安が多いときは、集中できないのかもしれません。
また、気持ちを切り替えるのにとても時間がかかります。
僕だけではないですが、仕事のプレッシャーを感じている人は多いと思います。
それは、プレッシャーの度合いや内容は違うと思いますが、企業に努めていても、フリーランスでも同じだと思います。
僕自身は、そうやってプレッシャーを感じながら社会と関わることが、スピリチュアルなことを行うために必要なんだと思っています。
里の行ではないですが、現実社会の苦しさを体感すること、自分がその世界にいることでの感覚や気づきを、自分のセッションに活かす必要があるのだと思っています。
本当に苦しいけど。たぶん、自分の役目だと思っています。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加