人はイメージで物事を見る

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

COVID-19(コロナウイルス)の感染者数が、東京都などで地味に増えていますね。
ですが、インターネットの情報などでも、あまり騒がなくなりました。
どこか感染を抑え込んでいるような印象も覚えます。
ですが、東京都の推移のグラフを見ると、3月後半の増加する前や、5月の連休中より感染者数は多いです。
新しい生活様式やマスクをする習慣など、根付いたり、遵守されていることも増えたと思います。
そうはいっても、守られていないこともたくさんあります。
ですが、ここで言いたいことは、守るかどうかと言うことではないです。

参照:NHKまとめhttps://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data/

同じ感染者の数字であっても、メディアで煽られると、多くの人は恐怖を感じたり従おうとします。
ですが、メディアで言わなくなると、どこか油断してしまいます。
ずっと、緊張状態だと大変なので、緩んだときに反動が出てしまうこともあります。
また、喉元過ぎれば熱さを忘れるではないですが、大変だったときの記憶が薄れて、戒めていたことを忘れてしまうこともあります。
それが、人の性かもしれません。

結局は、実際のところ(コロナウイルスに関しては、実際がどうなのかわからないですが...)や本質より、イメージで判断してしまいます。
自粛も解除も、結局はムードや雰囲気に流されてしまいます。
すべての情報を、自分で調べることは、もちろん大変です。というか、不可能だと思います。
本来であれば、様々な情報を正しく伝えていくのが報道機関の役割だと思います。
ですが、日本は、世界報道自由度が2013年以降、とても低いです。
残念ながら、報道機関への信頼度と言う意味で、とても下がっています。

テレビのコマーシャルも、選挙もイメージです。
なんとなく良いとか、イメージが良いか悪いかで購入の動機になったりします。
また、選挙でも、今までの公約が実現されたのかということや、何をしたいのかよりも、イメージを見ます。
有名だったり、好感度が高ければ、あたりまえですが有利です。
その人の考え方じゃなくて、ある意味の人気投票です。
イメージで流れが決まっていくってとても怖いことだと思います。

大切なことは、どんなことであっても鵜呑みにしないことです。
雰囲気に流されてしまわないで、自分で考えることです。
自分で考えて判断する癖をつけることだと思います。
それは、完全じゃないし、いつも正しいとも限らないです。ですが、とても大切です。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加