GoToキャンペーン

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

政府が、COVID-19(コロナウイルス)で大打撃を受けた旅行業界をテコ入れするためにGoToキャンペーンを打ち出していますね。
ですが、コロナウイルスの感染が広がりだしている中での強行に批判も多いです。
現実的に、連日感染者が増える報道がなされています。
以前であれば、ロックダウンの方向に流れた話が、今は全然そっちには行きません。
その中での、GoToキャンペーン。
注意して旅行にいけ。
違和感を感じるのは、僕だけでは無いと思います。

現実に、観光地は困っています。本当に大変だと思います。
ですが、困っている業界はたくさんあります。
もちろん、比較してどうこうという趣旨ではないし、どこでも困っているし、どこでも救いを求めているということを言いたいです。
街の飲食店でも廃業されるところが多いです。
ですが、なぜか特定の業界にフォーカスします。
反面、全部を救えないのなら、どれも救うなと言うことも乱暴だし、救える手立てはすべてやるべきだと思います。
こういう問題は、いろんな立場の人や、それぞれの環境や状況もあるので、全てをまるく収めることはとてもむずかしいと思います。

僕の友達は、ゴールデンウィークに楽しみしていた帰省が、コロナウイルスで叶いませんでした。
こういう話は、その友達だけじゃないと思います。そういう人多いと思います。
そのために7月か8月に帰省を計画して、楽しみにしていました。
ですが、また、コロナウイルスの感染が増えてきたので、それも難しくなりました。

報道などでも伝えられていますが、地方の立場として、都心からウィルスを持ち込まれることが怖いという空気もあります。
以前にも、都心から帰省した子供によって、地方に住む親や友達が感染して。
そのために、家のガラスを割られたり、嫌がらせを受けてそこに住むことができなくなってという話がありました。
まるで、コロナウイルスに罹患することで、犯罪者のように扱われます。

実際に罹患していなくても帰ってくるだけで疑われしまう。
そんな空気の中で、帰省をためらう人も多いです。
帰りたくても、帰れない人がいる中で、GoToキャンペーン。
考えた方は、きっと、そういう空気を想像できないのだと思います。
ですが、そういう声に寄り添っていくことが本当は大切なのではないでしょうか。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加