無意識の差別意識

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。 Please Click!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

今日は重いトーンのお話です。
世の中では、森元首相の女性に対する差別発言で、海外まで巻き込んで大騒ぎになっています。
いろんな方が、いろんな論調で、意見を言われています。
誰かを差別することは、本当に良くないことです。
いじめや、悪い意味での格差の助長に繋がる要素でもあるし、人間性の否定でもあります。
ですが、良く無いことがわかっていても、差別をなくすことは、本当に難しいことだと思います。
こういった差別発言は、とても難しい要素を含んでいることを考えれば考えるほど、浮き彫りになってきます。
差別には、本当に何重にも問題が折り重なっています。
書ききれないから、何回かにわけて書いていこうと思います。

森氏の発言が問題になったときに、ネット上の擁護発言として、「切り取った文章じゃなくて発言全部を読めば、差別する意図がなかったとわかる。」と言う論調があります。
こういう発言は、森氏の擁護派が擁護するために流している場合もありますが、賛同される方も多いです。
擁護派は、悪いのわかっていて庇っていますが、賛同される方は、本当にこの意見が正しいと思っる方も多いです。
何が言いたいかっていうと、差別であるかどうかは、発言を受け取る側の感覚次第です。
とても主観的なことなんだと思います。

個人的には、森氏の発言を読んだときに、「こういう考えのおっさん多いよな。」と思ったのが正直な感想です。
そして、「こういう考えのおっさんに何を言っても無駄。」とも思いました。
発言の内容がどうかと言うよりも、こういう考えの人がものすごくたくさんいることに意識がいきました。
そして、その考え方や、物事の捉え方が、「おっさん社会」と言う母数の中で、一種の共通認識とされてしまっていることであるとも思います。
おっさん社会の中で、口には出さないけど、一種の暗黙知として底流に流れていること。
そして、本人たちは、差別発言だとは、まったく思っていないこと。
ですので、そういう発言をする方たち、普通に差別発言は良くないと話をされたりもします。

差別発言は、その発言が生み出される社会背景や環境、常識、感覚、風土などの土壌があると思います。
社会の中での利害の対立や、社会的なポジションの争い、富の分配、社会的な成熟度などのたくさんの要素が絡んできます。
その中で、意図的に差別をしなくても、無意識的な差別は、いくらでも生み出されてしまうと思います。
差別は、された方は傷つきます。
ですが、差別した方は、いじめと同じ構図で、気が付いていないことも多いです。
そして、そういう人が多数になると、世の中の一つの意見として容認されて、埋没していってしまいます。
良くはなくても、とれないもの、仕方のないものとして、社会の中で澱のように横たわっていきます。
こういう話って、エネルギーを使うから、書けるときに続きを書きますね。

mahalo
最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。


リモート(Zoom・Line・携帯)、対面での個人セッションを承っております。料金は10分毎に1,500円です。お気軽にお問い合わせください!

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。 Please Click!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル
LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加