息苦しい

イベント出展情報

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

COVID-19(コロナウィルス)で、自粛が続いています。
疲れている人は、とても多いです。
都心では、閉まっているお店も増えてきました。
反面、僕の住む千葉県野田市は、都心への通勤圏ですが、あまり規制は強くありません。

先日、英語系のユーチューバーさんで、ものすごく人気のある「バイリンガール英会話」のCHIKAさんの動画を見ました。
僕もファンなので時々見ています。
あちこち、プチ移住をされていて、先日、マレーシアから帰国することにしたそうです。
そしたら、大バッシング大会です。
日本に帰ってくるなとか、この時期に何を考えているんだとか。
ひどい言葉の連続です。
コメント欄を見て、こちらが悲しくなりました。

動画を見ている方って、元々はファンだった人も多いです。
それが、この時期に帰国するということでアンチになったり、バッシングをしたり。
おそらくですが、みなさん鬱憤が溜まっていて、ぶつけやすいところにぶつけているんだと思います。
ちょっとゲスな見方をすると嫉妬心もあるかもしれません。
なんか、芸能人の不倫を、正義のつもりで叩く人たちとあまり変わらなく思いました。
もちろん、みなさん日本で日々生活していて、毎日コロナウィルスでピリピリピリしています。
だから、イライラするのはわかります。

CHIKAさんたちは、動画でものすごく気をつけることを言っています。
それでも、重箱の隅の隅を突くようなバッシングをする人もいます。
だけど、その怒りの矛先は違うと思います。
理論的に考えたら、未だに、大変な思いをして通勤しなきゃいけな人も多いです。
感染のリスクはのそのほうが高いと思います。
本来だったら、お互いに被害者同士なのに相手を加害者と見立てているように思います。
大切なのは、加害者にもなることを理解した上での行動をとっているかだと思います。

世の中を見ていても、お互いに監視しあって、干渉しあってる感じを受けます。
横並びじゃないと嫌な、同調圧力的な要素を感じます。
すごく皮肉な言い方ですが、旧ソ連にような共産圏の密告社会や、第二次世界大戦中の非国民と同じ空気を感じます。
大きなものじゃなくて、身近なところで怒りを発散する。
元々拡散されてしまった原因の一つで、コロナウィルスが分かっていたのにも関わらずに、春節のときにたくさんの中国人を誘致した政府の政策や、オリンピックをやりたかったから情報を隠して対策が遅れたり、政府の責任も大きいです。
別に、それにバッシングをしてほしいという意味ではないですが(僕はするけど)、大きな原因を見つめないで、手近なところでお互いに首を締めていることがとても息苦しいです。
お互いに、一呼吸置いて、物理的にも気持ちの上でも距離を取るときが良いときがあります。
そして乗り切りましょう。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加