マナカード 2022年1月18日かに座の満月

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。Please Click!

ブログランキング・にほんブログ村へ
イベント出展情報

ALOHA!
基本的なカードの意味だけではなくて、インスピレーションで。
目に留まった方はあなたへのメッセージかも!

2022年1月18日8時49分にかに座の満月です。
ボイドタイムは1月18日8時50分~1月18日13時04分です。
その時間はお願い事を避けてくださいね。

今年最初の満月です。冬の時期は月や星が綺麗ですね。すっかり街も通常モードに戻って忙しく過ごしている方も多いと思います。
今年最初の満月なので「満ちる」をテーマにカードを引いてみました。

No7.
HUNA フナ
(隠された)
秘密

このカードのシンボルは、カプ(kapu=禁断)のサインを表します。カプとは、パアオという名前のタヒチ人がハワイにもたらしたと考えられる行動の制限のことです。
カプ制度は、カフナ(kahuna=聖職者)の知識が共有されることを禁じました。
フナ(huna)はもともと「隠されたもの、明らかにできないもの」という意味の言葉ですが、現在ではプラクティス(実践者)に力を与える、宇宙の本質に関する神聖な知識体系のことを指します。

ときとして、わたしたちは自分の可能性を禁じたり制限したりするカプを、自分自身に対して儲けることがあります。
そのような制限を乗り越えるには、その他にも選択肢があるということに気づいて、可能性を増やさなくてはなりません。
そのための一つの方法は、ハワイと西洋の教えを融合したフナと呼ばれる哲学を用いることです。
1 あなたはあなた自身の現実をつくる(’Ike)
2 あなたに制限はない(Kala)
3 あなたは意識を向けたものを手に入れる(Makia)
4 力の瞬間は今だ(Manawa)
5 愛することは、喜んで受け入れることだ(Aloha)
6 すべての力は内からくる(Mana)
7 効果があるかどうかが、真実を計るものさしである。(Pono)

現代人は、慢性的に疲れている人が多いです。
多忙さに加えて、社会的な責任、周りからの圧力。
物理的な時間のなさに加えて、精神的にも余裕を奪っていくことが多いです。
自分たちを便利にするようなSNSなどのITツールも、時として自分を苦しめる要素のなります。

そんな中で、自分を開放することを忘れてしまっている方は、本当に多いです。
生きるためには、世の中に合わせざる得なくて、そしていつのまにか、それが当たり前になってしまって、本来の自分自身を見失ってしまっている方は本当に多いと思います。
そんな中で、気が付かないうちに、たくさんの気持ちを吐き出せずに溜め込んでいる方。
そんな心の状態と、自分が意識している状態が乖離してしまって、自分の意識には登らないけど大きなストレスを抱えてしまっている方も本当に多いです。
そして、結果として、気が付かないうちに、自分の生きる力を制限してしまっているかもしれません。

自分自身は、もっと力を持っていることを思い出してみましょう。
本当の自分は何をやりたいのかを思い返してみましょう。
見失っている何か。
隠されているなにか。
明るいエネルギーやポジティブな思いで自分を満たしてみましょう。
小さいことでも構いません。
時には、思い返すことすらレッスンになってしまうかもしれません。
自分を活性化していきましょう。

mahalo
最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。


占いやカウンセリングを通して、メッセージをお伝えしていきます。

個人セッションは、携帯電話、LINE、Zoomで30分間6000円(延長10分間2000円)です。

お気軽にお問い合わせ下さい!
LINE公式アカウントです。気軽に登録してください!
LINE公式アカウント
良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。Please Click!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

, , , , , , , ,

マナカードリーディング 2022/1/18

HOME


マナカードについて
マナカードは、ハワイの神話や物語をベースに作られたカードです。
ハワイ大学ヒロ校コミュニケーション学科で助教授をされている「キャサリン・ベッカー」さんがインスピレーションを得て作りました。
カードは全部で44枚があります。 ハワイでは4が神聖な数字です。 古典フラ(フラカヒコ)も4拍子です。 44枚の内の5枚は上下の出方で意味が変わります。

図柄は、とても美しくて優しい感じで、どこか素朴です。
カードには、主の図柄の他に、お花や鳥や波や海や星や溶岩など自然現象がたくさん描かれています。
そして、描かれているお花にもたくさんの物語が隠れていたりします。
裏面には神聖で大切な植物であり食べ物、神様が人間の兄弟として創った「タロイモ」の葉が書かれています。
古代ハワイアンは文字を持たなかったために、チャンター(語り部)が言葉で語り継ぎました。
「クムリポ」というハワイの創世神話など、ものすごく長い物語を何世代にもわたってか語り継ぎました。
古代ハワイアンは多神教なので、日本の神話にも類似点があります。
個々のエピソードでもどこか似ている話があり、環太平洋の文化として研究されている方もいます。

ハワイの神様もとても個性的で、時にはとても人間臭いです。
ハワイアンは自然と共に生きて、自然をリスペクトしています。
そのために自然を表す言葉がたくさんあります。
雨や風を表す言葉だけでも数百あるとも言われてます。
激しく降る雨や、丘に優しく降る雨、どこかの土地に降る雨や吹く風によって名前が違います。
マナカードは、そんなハワイの英知が詰まったメッセージを届けるカードです。