マナカード 2021年6月25日やぎ座の満月

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。Please Click!

ブログランキング・にほんブログ村へ
イベント出展情報

ALOHA!
基本的なカードの意味だけではなくて、インスピレーションで。
目に留まった方はあなたへのメッセージかも!

2021年6月25日3時40分にやぎ座の満月です。
ボイドタイムは6月26日21時51分~26日23時10分です。
その時間はお願い事を避けてくださいね。

梅雨時ではっきりしないお天気が続きますね。気候のせいで体調がすぐれない方も多いのではないでしょうか。
それでも、梅雨の晴れ間が出たときに、日差しの強さで雲の上には夏が近づいていることが垣間見えることがあります。
「時々感じる希望」をテーマにカードを引いてみました。

No.42
ANUENUE アヌエヌエ
(虹)
変容

ハワイは、虹の多い場所です。虹の街です。
車のナンバープレートも虹の図案です。バスの模様も虹です。
ハワイの伝説では、虹は上界と下界を結ぶ神の道とされました。
虹は、しばしばスピリットの世界や死からのメッセージと結び付けられました。
ハワイの宇宙論では、死とは、魂がこの世と先祖たちのいる上界とを行き来できるようになるために経験する、変容のことだとされています。
どちらの世界にも行き来できる人は、地上の豊かさを楽しみながら、人間のように生きる神の地位が与えられます。

また、虹の部分、虹のかけらには、血縁ではなくて、スピリットの火で結ばれている人のことを指します。
その日の熱を分かち合うものは、虹の戦士(レインボーウォリアー)と呼ばれています。
彼らが、虹の道を進むためには、恐れ、疑い、人間が作った地位という象徴への願望などと戦うことをいとわないです。
虹は、何かと何かを結ぶ象徴でもあります。
また、虹は、雨や雲によって光が変容されて映し出されます。

梅雨の晴れ間には、きれいな虹が出るときがあります。
ハワイには「No Rain No Rainbow」と言うことわざがあります。
雨がふらないと、きれいな虹が出ないと言うようなニュアンスでしょうか。
雨は、恵みの雨でもあります。
その恵みの雨が、美しい虹を作る。そんなニュアンスも感じます。

人は、自分がどんな思いでいるか、何を感じているか、何が大切なのか。
そんな意識次第で、同じ環境であっても、感じ方は違います。
どこに意識を向けるのか、とても大切なことです。

生きていると、心が乾いてしまうことって、あると思います。
心が迷子になってしまって、何も見つからなくて彷徨う。
ただ、時間だけが過ぎていってしまって、ずっと空虚な感じを感じたまま。
自分の足がかりになるものはなくて、手応えのあるものがなくて、苦しかったり、辛かったり。
でも、もし、同じ環境であっても、何かを見つけていれば、生き生きとしているかもしれません。

ハワイの虹は、スピリットの火で結びついています。
自分の心の中を、見つめてみましょう。
そして、怖がらずに正直に見つめられるように、自分を制限しているものに気が付きましょう。
きっと、現実のいろんなことで、自分の可能性を否定してることに気がつくと思います。
そして、自分が自然と共にあって、自然のリズムで生きていることを思い出しましょう。
そうすると、心のなかに必ず虹が現れます。

mahalo
最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。


占いやカウンセリングを通して、メッセージをお伝えしていきます。

個人セッションは、携帯電話、LINE、Zoomで30分間6000円(延長10分間2000円)です。

お気軽にお問い合わせ下さい!
LINE公式アカウントです。気軽に登録してください!
LINE公式アカウント
良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。Please Click!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

, , , , , , , ,

マナカードリーディング 2021/6/25

HOME


マナカードについて
マナカードは、ハワイの神話や物語をベースに作られたカードです。
ハワイ大学ヒロ校コミュニケーション学科で助教授をされている「キャサリン・ベッカー」さんがインスピレーションを得て作りました。
カードは全部で44枚があります。 ハワイでは4が神聖な数字です。 古典フラ(フラカヒコ)も4拍子です。 44枚の内の5枚は上下の出方で意味が変わります。

図柄は、とても美しくて優しい感じで、どこか素朴です。
カードには、主の図柄の他に、お花や鳥や波や海や星や溶岩など自然現象がたくさん描かれています。
そして、描かれているお花にもたくさんの物語が隠れていたりします。
裏面には神聖で大切な植物であり食べ物、神様が人間の兄弟として創った「タロイモ」の葉が書かれています。
古代ハワイアンは文字を持たなかったために、チャンター(語り部)が言葉で語り継ぎました。
「クムリポ」というハワイの創世神話など、ものすごく長い物語を何世代にもわたってか語り継ぎました。
古代ハワイアンは多神教なので、日本の神話にも類似点があります。
個々のエピソードでもどこか似ている話があり、環太平洋の文化として研究されている方もいます。

ハワイの神様もとても個性的で、時にはとても人間臭いです。
ハワイアンは自然と共に生きて、自然をリスペクトしています。
そのために自然を表す言葉がたくさんあります。
雨や風を表す言葉だけでも数百あるとも言われてます。
激しく降る雨や、丘に優しく降る雨、どこかの土地に降る雨や吹く風によって名前が違います。
マナカードは、そんなハワイの英知が詰まったメッセージを届けるカードです。