マナカード 2020年11月15日さそり座の新月

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。Please Click!

ブログランキング・にほんブログ村へ
イベント出展情報

ALOHA!
満月と新月の時に、みなさんにお伝えするマナカードのメッセージです。
基本的なカードの意味だけではなくて、インスピレーションで。
目に留まった方はあなたへのメッセージかも!

2020年11月15日(日)14時08分にさそり座の新月です。
今回のボイドタイムは2020年11月15日20時14分~2020年11月16日0時48分です。
その時間はお願い事を避けてくださいね。

先日は、立冬で、木枯らしも吹いて、だんだん寒さが増してきましたね。COVID-19は相変わらずですが、GotoイートやGotoトラベルで、出かけることが推奨されているので、あまり意識しない人も増えてきている印象です。
そんな中、寒くなってきたので冬支度、冬の準備が必要な季節です。「支度・準備」をテーマにでカードを引いてみました。

35.
Maui
マウイ
(神マウイ)
トリックスター

マウイは、マウイ島のマウイです。
半分が人間で半分が神様です。
マウイは太陽のスピードを遅くしたり、人と鳥とのベールを外して鳥を見えるようにしたり、人々のためにいろいろなことをしました。
そして、トリックスターです。
とてもできそうにないことを、冒険心に富んで、リスクを恐れずに、大胆に勇気をもって、いろんなことにチャレンジします。
真剣なだけでなく、心のどこかに、いたずら心があります。
わくわくしたり、楽しんだり。

都心でも、あちらこちらで紅葉を目にするようになりました。
街路樹が、すっかりと紅葉しています。
風も冷たいし、コートを着ている方も増えてきました。
北の方や山間部から雪の便りもはじまっています。

日々忙しいと、その日、その時のことで手一杯になってしまって、先に起こることへ備えることを忘れてしまうこともあります。
いざ、その時が来ると、準備がなくて困ることもあります。
例えば、災害への備えは、意識が向くときにはしても、そのままで、保存食やお水や電池が古くなってリ、いろんな道具類が、きちんと使えるかそのときにならないとわからなかったりします。
また、何かを準備することは、手間がかかったり、面倒に思えることも多いです。
本来であれば、落ち着いているときに手順を確認したほうが良いことでも、行わないことが多いです。
そのときにやれば良いやって、意識にあったりします。
それだけ、人は、日々忙しくて心に余裕がないのかもしれません。

毎年、この国では、四季が移り変わります。
それでも、季節が変わる準備のときに、前年にどうしたかを、なんとなく忘れてしまうことも多いです。
また、季節の服を出すときに、その服を持っていたことを忘れていて、好きな服だと、ちょっと新鮮な気持ちになることもあります。

マウイのカードは、何かに備えて支度をするとき、準備をするときに、未来の自分や誰かが助かること、喜ぶこと、ほっとすること、今の自分に感謝をすること、そんな明るい気持ちを持つことを教えてくれています。
同じことをすることでも、どのような気持ちで行うかで、自分自身がどこに向かうのかが変わってきます。
心の中に、ほんの少しでも余裕を持つこと、大変だけどとても大切であることをマウイは教えてくれています。

mahalo
最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。


占いやカウンセリングを通して、メッセージをお伝えしていきます。

個人セッションは、携帯電話、LINE、Zoomで30分間6000円(延長10分間2000円)です。

お気軽にお問い合わせ下さい!
LINE公式アカウントです。気軽に登録してください!
LINE公式アカウント
良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。Please Click!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

, , , , , ,

マナカードリーディング 2020/11/15

HOME


マナカードについて
マナカードは、ハワイの神話や物語をベースに作られたカードです。
ハワイ大学ヒロ校コミュニケーション学科で助教授をされている「キャサリン・ベッカー」さんがインスピレーションを得て作りました。
カードは全部で44枚があります。 ハワイでは4が神聖な数字です。 古典フラ(フラカヒコ)も4拍子です。 44枚の内の5枚は上下の出方で意味が変わります。

図柄は、とても美しくて優しい感じで、どこか素朴です。
カードには、主の図柄の他に、お花や鳥や波や海や星や溶岩など自然現象がたくさん描かれています。
そして、描かれているお花にもたくさんの物語が隠れていたりします。
裏面には神聖で大切な植物であり食べ物、神様が人間の兄弟として創った「タロイモ」の葉が書かれています。
古代ハワイアンは文字を持たなかったために、チャンター(語り部)が言葉で語り継ぎました。
「クムリポ」というハワイの創世神話など、ものすごく長い物語を何世代にもわたってか語り継ぎました。
古代ハワイアンは多神教なので、日本の神話にも類似点があります。
個々のエピソードでもどこか似ている話があり、環太平洋の文化として研究されている方もいます。

ハワイの神様もとても個性的で、時にはとても人間臭いです。
ハワイアンは自然と共に生きて、自然をリスペクトしています。
そのために自然を表す言葉がたくさんあります。
雨や風を表す言葉だけでも数百あるとも言われてます。
激しく降る雨や、丘に優しく降る雨、どこかの土地に降る雨や吹く風によって名前が違います。
マナカードは、そんなハワイの英知が詰まったメッセージを届けるカードです。