マナカード 2020年6月6日いて座の満月

イベント出展情報

ALOHA!
満月と新月の時に、みなさんにお伝えするマナカードのメッセージです。
基本的なカードの意味だけではなくて、インスピレーションで。
目に留まった方はあなたへのメッセージかも!

2020年6月6日4時13分にいて座の満月です。
今回のボイドタイムは6月6日13時12分~6月7日4時46分です。
その時間はお願い事を避けてくださいね。

緊急事態宣言が解除されて、日々の生活に戻った方も多いと思います。
ですが、以前と同じではない人も多いです。
例年通りの手順が変わったり、いろんなことの優先順位が変わってしまった方も多いと思います。
「忘れる」をテーマにマナカードを引いてみました。

No.12
KANALOA
カナロア(海と海風の神)
基盤

カナロアはハワイ四大神(カネ・クー・ロノ・カナロア)の中の一人です。
しばしば、新鮮な水とあらゆる命の創造主カネと共に現れます。
カナロアは顕在意識と潜在意識を結びつけ、上位自己と下位自己を結合します。
カナロアは「根拠のある、ゆるぎない、安定した、確立した、不動の、征服しがたい」という意味です。
しっかりと地面に根を下ろしてます。

人にとって、忘れるということは、困るときもあります。
極端な話、もし、記憶したいものを忘れずに記憶していたら、試験は楽にパスできると思います。
記憶したくて記憶できないので、努力して覚えたり、いろんな工夫をしたりします。
反対に、忘れたいことがあっても、忘れられなかったりもします。
覚えていたくないことを、ずっと忘れられずに引きずっている方も多いと思います。
覚えたり、忘れたり、思いのままにならないことが現実だと思います。

ですが、忘れると言うことは、大切なことでもあります。
なにか辛いことがあっても、少しずつ薄れていきます。
忘れることは、慈悲であったりギフトでもあると表現されていることもあります。

変化が多いときは、新しいことに対応することが求められて、それだけで手一杯になってしまって、今までのことを忘れてしまうことがあります。
特に、無意識に行っていることを意識をして思い出そうとすると出来なかったりもします。
カナロアのメッセージは、安定してとても強固です。
揺るぎない何かを表します。
変化のときは、対応でいっぱいいっぱいになってしまっても仕方がないです。
ですが、たとえ、表面的には揺れ動いてしまっても、心の奥底では揺るぎない形で残っているということを伝えています。
自信を持ってください。

mahalo
最後まで読んでくださってありがとうございます。

僕は人の感情や意識を感じ取るエンパス(共感能力)です。
スピリチュアルリーディングとカウンセリングを組み合わせたセッションを行ってます。恋愛や自分自身のこと仕事や家族のお話が多いです。お話をきくだけでも大丈夫です。
セッションは、10分1,500円です。対面でもLINEやSkypeや電話でも行っています。電話やLINEのセッションが多いですね。詳しくはこちらのページです。

Youtubeチャンネル始めました。良かったら登録して下さい!
ちーまるチャンネル

LINE@です。時々、いろんな情報を流していきます。気軽に登録してください!
友だち追加