マナカード 2017年2月3日節分

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。Please Click!

ブログランキング・にほんブログ村へ
イベント出展情報

ALOHA!
2017年2月3日、今日は節分です
基本的なカードの意味だけではなくて、インスピレーションで
目に留まった方はあなたへのメッセージかも!

節分は、本来は立春・立夏・立秋・立冬の各季節の始まる前日のことで「季節を分ける」という意味ですが、現在は立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多いそうです
豆まきには、福豆(煎り大豆)をまいて、邪気を追い払う意味があるそうです
また、一説には、鬼とは、古来の日本民族で渡来人によって追いやられたことのメタファーなので、「鬼は外」とは言わない地域もあります

「福は内」なので「引き寄せる」をテーマに引いてみました

No.15
AWA(アヴァ)
供物/生贄

AWAは胡椒科の植物です。このAWAの根をすりつぶしたものは、水と合わせて治療や儀式に使います。Kawaとも言われてます
AWAは、鎮静効果があり、ポリネシア全般で用いられます
「神にささげる供物の中で、アヴァは最も喜ばれて、人間にとっての魚やポイと同じように神の栄養や成長に欠かせないも」と言われてます
アヴァは生贄や供物と結びついている植物です。生贄と供物は区別する必要があります。生贄は何か結果を求めるための神にささげる、ある意味の「取引」です。供物は、結果を求めないでささげるものです

人間関係においても、人に何かを贈るときに、結果や見返りを求めて贈るものか、結果を求めずに贈るものかを、区別しないと、贈る側と受け取る側が、お互いに理解していないと、こんなはずではという結果になり、トラブルになる可能性があります

お中元やお歳暮など、ある程度社会的な習慣で送るものもあります
バレンタインデーのように見返りを求めたり、求めなかったリ...って場合もあります(笑
心からのプレゼントのように、何も求めないものもあります(受け取ってもらえる心だけとかね!

何かを引き寄せるときは、実は、大きなエネルギーが動いています
自分の周りを見回しても、何かを引き寄せている人
例えば、仕事で成功してる人は、四十六時間中、そのことばかりを、下手したらうわ言のように話してます
言葉は悪いですが、ほとんど「○○バカ一代」です(笑
そういう人に周りには、やっぱり引き寄せるエネルギーが動いていると思います

周りの人間も、そのエネルギーに引きずられたり、引き込まれたり
そういう大きなうねりが成功に向かう進路を導いていくのだと思います

意識、無意識にかかわらず、強く思ったことを引き寄せるってあると思います
それは、本当に本当に強く思ったとき
ほとんど、自分で「成功するのを知っている」って思ったぐらいの時だと思います
そういう時って、成功以外のビジョンは持っていないんだと思います

成功するために使うエネルギー、情熱、労力は、おそらく無心だったり、あまり考えないでささげられていると思います
もし、恐れがあったら?
いろんなことを考えて怖くなることも多いと思います

葛藤する中で、自分が何を望んでいるか、そして何を恐れているかを把握してください
与えるもの、求めるもの
自分の状態を把握して、状況を見直して、徹底的に考えましょう
そして、自分を信じて、自分に自信を持ってください
そういう強いエネルギーが大きなギフトを引き寄せますよ

mahalo
最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。


占いやカウンセリングを通して、メッセージをお伝えしていきます。

個人セッションは、携帯電話、LINE、Zoomで30分間6000円(延長10分間2000円)です。

お気軽にお問い合わせ下さい!
LINE公式アカウントです。気軽に登録してください!
LINE公式アカウント
良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。Please Click!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

マナカードリーディング 2017/2/3

HOME


マナカードについて
マナカードは、ハワイの神話や物語をベースに作られたカードです。
ハワイ大学ヒロ校コミュニケーション学科で助教授をされている「キャサリン・ベッカー」さんがインスピレーションを得て作りました。
カードは全部で44枚があります。 ハワイでは4が神聖な数字です。 古典フラ(フラカヒコ)も4拍子です。 44枚の内の5枚は上下の出方で意味が変わります。

図柄は、とても美しくて優しい感じで、どこか素朴です。
カードには、主の図柄の他に、お花や鳥や波や海や星や溶岩など自然現象がたくさん描かれています。
そして、描かれているお花にもたくさんの物語が隠れていたりします。
裏面には神聖で大切な植物であり食べ物、神様が人間の兄弟として創った「タロイモ」の葉が書かれています。
古代ハワイアンは文字を持たなかったために、チャンター(語り部)が言葉で語り継ぎました。
「クムリポ」というハワイの創世神話など、ものすごく長い物語を何世代にもわたってか語り継ぎました。
古代ハワイアンは多神教なので、日本の神話にも類似点があります。
個々のエピソードでもどこか似ている話があり、環太平洋の文化として研究されている方もいます。

ハワイの神様もとても個性的で、時にはとても人間臭いです。
ハワイアンは自然と共に生きて、自然をリスペクトしています。
そのために自然を表す言葉がたくさんあります。
雨や風を表す言葉だけでも数百あるとも言われてます。
激しく降る雨や、丘に優しく降る雨、どこかの土地に降る雨や吹く風によって名前が違います。
マナカードは、そんなハワイの英知が詰まったメッセージを届けるカードです。