マナカード 2016年110月29日新月

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。Please Click!

ブログランキング・にほんブログ村へ
イベント出展情報

ALOHA
満月と新月の時に、みなさんにお伝えするマナカードのメッセージです
基本的なカードの意味だけではなくて、インスピレーションで
目に留まった方はあなたへのメッセージかも!

2016年11月29日21時05分に射手座の新月です
ボイドタイムは2016年11月28日6時49分から11月29日5時47分です
お願い事は避けてね!もう、過ぎてますね

ここのところ地震が多かったり、また、自分の周りでの心配事を抱えたりしている人が多かったりするので、「不安定・安定」をテーマにマナカードを引いてみました

No.38
PAPA&WAKEA(パパ&ワケア)
苦闘/全体

38_papa&wakea

ハワイの国生みの物語で、ハワイの島々は地母神パパと天夫神ワケアから生まれました。彼らの子孫である人間は、タロ(タロイモ)から生まれました。ハワイの人たちは、土地やタロと家族のように結びついてつながってます

ワケアは光の天空の男神、パパは大地と黄泉の国の女神です
パパとワケアに娘が美しい生まれました。ホオホクカラニ(星を作る神々しもの)です

しかし、ワケアはパパをだましてホオホクカラニと結ばれました
そこからタロが生まれました
そして、そこから人間が生まれました

パパ&ワケアは二重性や相対する苦闘や、自分たちの中にある男性面と女性面など、矛盾する面での緊張を表してます

ただ、苦しみや苦闘の中でそういった緊張を葛藤など全体を受け入れていくと、最後には新しい命が表れてくることを表します

誰にでも、心が不安定なときはあります
大きな心配事がなくても、小さなことが積み重なるときも
人って些細な事で不安にもなるし
誰かの一言で不安になることもあります

人生って先が見えているときばかりじゃないし、見えないときのほうが多いと思います
心が満ち足りていたり、何かでワクワクして進んでいるとき目に入らないことでも
不安なときは、目についたり
また、満ち足りていても、何かのことで不安になったり

先に進むときは、不確定な要素も多いです
状況が見えなかったり、自分の力ではどうしようも無いことに何かを委ねなければ行けなかったり
あるいは、良くない結果が予想できることもあります
安定しているときでも、安定を維持できるか不安になったりします

それは幸せになりたかったり、安心したかったりするために超えなければいけない葛藤なのかもしれません
パパ&ワケアのカードは、とてもストレートなメッセージである、二重性や相対する苦闘矛盾する面での緊張を表しています

人は、どの時点のバランスが本当に適しているかはわかない時があります
思い描いた結果が最適なときもあるし
何かを手放す選択をすることで、より大きな安定を得ることが出来ることあります

もし、今、不安定であったとしても、それは、きっとより大きな何かを得るための苦闘です
そして、進む先は、自分で決めることが出来ることを忘れないで下さいね

今は、苦しいかもしれないけど、必ず素敵な未来につながってきます
だから、少しづつでも進んでみてください
だけど、向きあうばかりじゃなくて、苦しいときには休んでも大丈夫です
きっと、大きなギフトが待ってますよ

mahalo
最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。


占いやカウンセリングを通して、メッセージをお伝えしていきます。

個人セッションは、携帯電話、LINE、Zoomで30分間6000円(延長10分間2000円)です。

お気軽にお問い合わせ下さい!
LINE公式アカウントです。気軽に登録してください!
LINE公式アカウント
良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。Please Click!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

マナカードリーディング 2016/11/29

HOME


マナカードについて
マナカードは、ハワイの神話や物語をベースに作られたカードです。
ハワイ大学ヒロ校コミュニケーション学科で助教授をされている「キャサリン・ベッカー」さんがインスピレーションを得て作りました。
カードは全部で44枚があります。 ハワイでは4が神聖な数字です。 古典フラ(フラカヒコ)も4拍子です。 44枚の内の5枚は上下の出方で意味が変わります。

図柄は、とても美しくて優しい感じで、どこか素朴です。
カードには、主の図柄の他に、お花や鳥や波や海や星や溶岩など自然現象がたくさん描かれています。
そして、描かれているお花にもたくさんの物語が隠れていたりします。
裏面には神聖で大切な植物であり食べ物、神様が人間の兄弟として創った「タロイモ」の葉が書かれています。
古代ハワイアンは文字を持たなかったために、チャンター(語り部)が言葉で語り継ぎました。
「クムリポ」というハワイの創世神話など、ものすごく長い物語を何世代にもわたってか語り継ぎました。
古代ハワイアンは多神教なので、日本の神話にも類似点があります。
個々のエピソードでもどこか似ている話があり、環太平洋の文化として研究されている方もいます。

ハワイの神様もとても個性的で、時にはとても人間臭いです。
ハワイアンは自然と共に生きて、自然をリスペクトしています。
そのために自然を表す言葉がたくさんあります。
雨や風を表す言葉だけでも数百あるとも言われてます。
激しく降る雨や、丘に優しく降る雨、どこかの土地に降る雨や吹く風によって名前が違います。
マナカードは、そんなハワイの英知が詰まったメッセージを届けるカードです。