MiniTool Power Data Recovery インストールと検証

良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。Please Click!

ブログランキング・にほんブログ村へ

ALOHA!
今日も、みなさんが笑顔になれますように。

Power Data Recoveryの使い方の続きです。
早速パソコンにダウンロードしてみます。
インストールは、通常のプログラムのインストール方法と同じなので簡単です。
サイトからFree版をダウンロードしたファイルをダブルクリックして開くとインストールが始まります。
インストールが終わったら起動します。

起動した画面は、理論ドライブ画面で、各ドライブの状況が表示されます。
特定のドライブや、特定のフォルダを選択することが出来ます。
違うタブを選択するとデバイス毎の選択が可能です。

試しに、スキャンを掛けてみます。
スキャンは300GぐらいのパーティションのSSDで30分ぐらいかかりました。
この辺は、SSDやHDDやパソコンの性能にも寄ると思います。
たくさんのファイルが表示されました。
ゴミ箱と違って、ツリー構造での表示がされます。
ですので、フォルダを開いていってファイルを探すことが可能です。
パソコンは、たくさんのファイルやフォルダを使うので、ゴミ箱のようなファイル表示だと、見つけにくいものがあります。

運良く、ゴミ箱からも削除してしまったらしくて、探していたファイルを見つけることが出来ました。
ファイルを右クリックか、保存ボタンでファイルの回復をすることが出来ます。
試してみると、無事に回復して開くことが出来ます。
その際に、ビューアをダウンロードして、開くことも可能です。
有料版では、最初から入っているようです。

もう少しテストしたかったので、ゴミ箱を空にした状態で、スキャンを掛けてみます。
ゴミ箱から削除したファイルも一覧が表示されます。
フォルダを探していくと、ゴミ箱からも削除されたファイルの一覧が表示されます。
【PR】Power Data Recoveryは、フリー版では、回復できるファイルが1Gまでです。
それでも、削除してしまったファイルを回復したいときなど、いざという時に役に立つと思います。
興味のある方は、使ってみてください。

mahalo
最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。


占いやカウンセリングを通して、メッセージをお伝えしていきます。

個人セッションは、携帯電話、LINE、Zoomで30分間6000円(延長10分間2000円)です。

お気軽にお問い合わせ下さい!
良かったら応援(クリック)して下さい!励みになります。Please Click!
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

LINE公式アカウントです。気軽に登録してください!
LINE公式アカウント

IT 2022/7/2